インゲボリ・エリクスドッテル・アヴ・スヴェーリエ

インゲボリ・エリクスドッテル(Ingeborg Eriksdotter, 1212年ごろ - 1254年6月17日)は、スウェーデン王エリク10世の娘でエリク11世の姉。ビルイェル・ヤールと結婚し、スウェーデン王となるヴァルデマール1世マグヌス3世の母となった。

インゲボリ・エリクスドッテル
Ingeborg Eriksdotter
Ingiburga of Sweden (1210s) seal.jpg
インゲボリのシール

出生 1212年ごろ
死去 1254年6月17日
配偶者 ビルイェル・ヤール
子女 リキサ
ヴァルデマール1世
クリスティーナ
マグヌス3世
カタリーナ(推定)
エリク
インゲボリ(推定)
ベンクト
家名 エリク家
父親 スウェーデン王エリク10世
母親 リキサ・ア・ダンマーク
テンプレートを表示

生涯編集

インゲボリはスウェーデン王エリク10世リキサ・ア・ダンマークの間の長女である。弟エリク11世が後見人で摂政であったクヌート・ホルムイェルソン(その後スウェーデン王クヌート2世となる)により1229年に廃位された後、インゲボリは亡命先のデンマークで過ごした。

1234年、エリク11世は簒奪者クヌート2世の死後に復位し、インゲボリの結婚はこの頃に決められた。この結婚によりインゲボリとエリク11世は強大なビェルボ家と同盟関係を結ぶことができた。

インゲボリは夫ビルイェル・ヤールとの間に多くの子女をもうけた。1250年、弟エリク11世が嗣子なく死去し、インゲボリの長男ヴァルデマールがエリク11世の王位継承者として選ばれた。ヴァルデマールはエリク11世の姉インゲボリの息子であったため王として選ばれたのであり、ヴァルデマールが若年の間は夫ビルイェル・ヤールが摂政をつとめた。息子の即位によりインゲボリは王太后となった。

インゲボリは弟エリク11世の死後、唯一生存していた姉妹であったため、エリクの財産を相続したと記録されている。インゲボリは40代になっても子供を産み、その死因も恐らく双子の出産時の合併症であったとみられている。

子女編集

以下は成人した子女である。

  • リキサ(1238年 - ?) - 1251年にノルウェー王太子ホーコン・ホーコンソン若公(ホーコン4世の子)と結婚、メクレンブルク=ヴェルレ領主ハインリヒ1世と結婚
  • ヴァルデマール1世(1239年 - 1302年) - スウェーデン王(1250年 - 1275年)
  • クリスティーナ - シッゲ・グットルムソンと結婚
  • マグヌス3世(1240年 - 1290年) - スウェーデン王(1275年 - 1290年)
  • カタリーナ(推定)(1245年 - 1289年) - アンハルト伯ジークフリート1世と結婚
  • エリク(1250年 - 1275年) - スモーランド公
  • インゲボリ(推定)(1254年 - 1302年6月30日) - 1270年にザクセン=ラウエンブルク公ヨハン1世と結婚
  • ベンクト(1254年 - 1291年) - リンシェーピング司教、フィンランド公

参考文献編集

  • Cronica Principum Saxonie, MGH SS XXV, p. 476
  • Lars O. Lagerqvist (1982) (Swedish). "Sverige och dess regenter under 1.000 år",("Sweden and its regents during 1000 years").. Albert Bonniers Förlag AB. ISBN 91-0-075007-7