インターナショナル・タービン・エンジン・カンパニー

インターナショナル・タービン・エンジン・カンパニー LLCITEC、旧インターナショナル・タービン・エンジン・コーポレーション[1]は、ハネウェル・エアロスペース(旧ギャレット・エアリサーチ英語版、後のアライドシグナル)と漢翔航空工業(AIDC)との合弁会社である。同社はハネウェル/ITEC F124/F125ターボファンエンジンシリーズを生産しており、これはM-346L-159F-CK-1AIDC T-5などに採用されている。2017年にはF124 と F125エンジンの運用時間が100万時間に達した[2]

2019年、インド空軍は、アップグレードパッケージ全体に対するハネウェルの「法外な」価格設定を理由に、インターナショナル・タービン・エンジン・カンパニー製の特殊な派生型 F125INエンジンを搭載したインドのSEPECAT ジャギュアのハネウェルとのアップグレード契約をキャンセルした[3]

製品編集

出典編集

  1. ^ File Number: R-1318017-5 Archived 2016-03-04 at the Wayback Machine.. Arizona Corporation Commission.
  2. ^ Honeywell F124 And F125 Engines Reach 1 Million Hour Operating Milestone”. aerospace.honeywell.com. Honeywell. 2020年1月27日閲覧。
  3. ^ Shukla. “IAF cancels plan to upgrade Jaguar fleet, fighter plane crunch worsens”. www.business-standard.com. Business Standard. 2020年1月27日閲覧。
  • Gunston, Bill (2006). World Encyclopedia of Aero Engines, 5th Edition. Phoenix Mill, Gloucestershire, England, UK: Sutton Publishing Limited. ISBN 0-7509-4479-X 

外部リンク編集