インペリアルポルトガル語: IMPERIAL - Produtos Alimentares, S.A.)は、ポルトガルの製菓会社。

インペリアル
IMPERIAL - Produtos Alimentares, S.A.
本社所在地 ポルトガルの旗 ポルトガル
ポルト県ヴィラ・ド・コンデ英語版
設立 1932年
業種 食品製造業
代表者 マヌエラ・タバレス・デ・スーザ[1]
売上高 2,040万ユーロ[2]
主要株主 RARグループ英語版
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

同国におけるチョコレートの製造・販売業で最大のシェアを誇る[2]コインブラフィゲイラ・ダ・フォズ英語版で開催されるチョコレートフェスティバル「チョコラテフェスト」(ポルトガル語: Chocolatefest)にも出品、子供向けのコンテストやココア試飲などを促進している[3]

事業展開 編集

レジーナポルトガル語版ポルトガル語: Regina)」・「ジュビリウ(ポルトガル語: Jubileu)」・「ピンタロラス(ポルトガル語: Pintarolas)」・「パンタグルエル(ポルトガル語: Pantagruel)」・「ファンタジアス(ポルトガル語: Fantasias)・アレグロ(ポルトガル語: Allegro)」といったブランド名で事業を展開しており、中でも「レジーナ」ブランドの「コマ・コン・パン(ポルトガル語: Coma com Pão)」で知られている[4]2011年には、1970年代から1980年代にかけて人気を博したハートキャンディー「ボンボンス・コラサオ(ポルトガル語: Bombons Coração)」を再販した[5]

インペリアルは他国への輸出にも力を入れており、ブラジル向けに「ジュビリウ・カレ(ポルトガル語: Jubileu Carré)」と「ジュビリウ・ミニタブレテス(ポルトガル語: Jubileu Minitabletes)」の2つのブランドを2000年から展開している。ブラジルでの成功を受けて、2011年にはチェコスロバキアでも「ジュビリウ・カレ」の展開を開始した。2012年ロシアと中東の市場に参入し[6]、インペリアルの商品は世界30ヶ国以上で販売されている[7]

出典 編集

  1. ^ Rita Gonçalves (2008年12月26日). “Manuela Tavares de Sousa, Administradora da Imperial”. Hipersuper. 2020年10月1日閲覧。
  2. ^ a b Manuela Tavares de Sousa: “Imperial é o maior fabricante nacional de chocolates” - ウェイバックマシン(2017年3月16日アーカイブ分)
  3. ^ Antónia Barroso (2011年12月2日). “Marcas da Imperial fazem as delícias do Chocolatefest 2011”. ShoppingSpirit News. 2020年10月1日閲覧。
  4. ^ Imperial promove “Coma com Pão””. Briefing (2011年3月18日). 2020年10月1日閲覧。
  5. ^ Mariana de Araújo Barbosa (2011年11月28日). “"Bombons Coração". O regresso dos anos 70 e 80 em chocolate”. Dinheiro Vivo. 2020年10月1日閲覧。
  6. ^ Imperial prepara entrada na Rússia e Médio Oriente - ウェイバックマシン(2016年3月3日アーカイブ分)
  7. ^ Chocolates Imperial vendidos em mais de 30 países - ウェイバックマシン(2011年12月25日アーカイブ分)

外部リンク 編集

  • IMPERIAL - 公式サイト(ポルトガル語)(英語)