イージージェット

イギリスの大手格安航空会社(LCC)

イージージェット(easyJet)は、イギリスルートンに本社を置く航空会社

イージージェット・UK
Easyjet orange.png
IATA
U2
ICAO
EZY
コールサイン
Easy
設立 1995年
ハブ空港 ロンドン・ルートン空港
焦点空港 ガトウィック空港
グラスゴー国際空港
保有機材数 165機
本拠地 イギリス連邦イングランドLuton
代表者 Andrew Harrison (CEO)
外部リンク http://www.easyjet.com/
テンプレートを表示
イージージェット・スイス
Easyjet orange.png
IATA
DS
ICAO
EZS
コールサイン
Topswiss
設立 1988年 (TEA バーゼル として)
ハブ空港 ジュネーヴ・コアントラン国際空港
焦点空港 ユーロエアポート・バーゼル=ミュールーズ空港 (バーゼル)
親会社 easyJet Airline Company Limited
保有機材数 28機
本拠地 スイス ジュネーヴ
代表者 Andrew Harrison (CEO)
外部リンク http://www.easyjet.com/
テンプレートを表示

概要編集

1995年10月18日、キプロス島出身でイージーグループの創設者の実業家ステリオス・ハジ=イオアヌStelios Haji-Ioannouが設立、同年11月10日より運航を開始した。予約はインターネット電話のみ、機内食や飲料は有料にするなどサービスの徹底効率化を図り、既存の航空会社に比べ、破格の格安運賃で知られる格安航空会社である。

1998年には、スイスのチャーター便航空会社TEA バーゼル(1988年設立)とフランチャイズ契約を結び、同社はイージージェット・スイス(easyJet Switzerland)と名を変えて1999年4月より定期便運航を始めた。イージージェット・スイスは現在ジュネーヴに本社を置き、ジュネーヴ国際空港を利用する最大の航空会社である。

2002年に、ライバル会社であったGo flyブリティッシュ・エアウェイズから買収した。また、2007年10月には、同じくブリティッシュ・エアウェイズ傘下にあるGB Airwaysを約1億ポンドで買収し、2008年3月からイージージェット便として運航を開始した。これによりロンドン・ガトウィック空港への発着枠を増やした。このように、イージージェットは企業買収により経営規模を拡大してきた。

2017年、イギリスのEU離脱に備えて、オーストリアウイーンにイージージェット・ヨーロッパが設立された。この会社がEUのAir operator's certificate(航空運送事業許可)を保有することで、離脱以降もEU内で従来通り運行することが可能となった。イージージェット・UKから機材の移籍も行われた。

コード編集

イージージェット・UK

イージージェット・スイス

イージージェット・ヨーロッパ

保有機材編集

運航機材編集

 
イージージェットのエアバスA319-100

2019年9月現在、イージ―ジェットの機材は以下の通りである。

イージージェット 運航機材一覧[1]
機材 運用機数 発注機数 座席数 備考
イージージェット・UK
エアバスA319-100 71 - 156 うち1機は「Unicef」特別塗装機

うち1機はアムステルダム特別塗装機

A320neoへ置換予定

エアバスA320-200 57 180 うち1機はユーロカー特別塗装機
186
エアバスA320neo 31 86 186 A319-100の後継機
エアバスA321neo 6 24 235
イージージェット・ヨーロッパ
エアバスA319-100 45 156
エアバスA320-200 91 180
186
イージージェット・スイス
エアバスA319-100 7 156
エアバスA320-200 21 186
329 110

退役済機材一覧編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ Our fleet | easyJet” (英語). www.easyjet.com. 2019年9月30日閲覧。