ウィリアム・キング (第4代キング男爵)

第4代キング男爵ウィリアム・キング英語: William King, 4th Baron King1711年4月15日1767年4月16日)は、グレートブリテン王国の貴族。ホイッグ党所属とされた[1]

生涯編集

初代キング男爵ピーター・キングとアン・セイズ(Anne Seys、1689年頃 – 1767年7月1日、リチャード・セイズの娘)の息子として、1711年4月15日に生まれ、セント・クレメント・デーンズ英語版で洗礼を受けた[1]

1754年3月22日に兄ピーターが死去すると、キング男爵の爵位を継承した[1]

1767年4月16日に生涯未婚のまま死去、24日にオッカムで埋葬された[1]。弟トマスが爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire (英語). 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. pp. 275–276.
グレートブリテンの爵位
先代:
ピーター・キング
キング男爵
1754年 – 1767年
次代:
トマス・キング