グレートブリテン王国

西ヨーロッパの国(1707年 - 1801年)
グレートブリテン王国
Kingdom of Great Britain
イングランド王国
スコットランド王国
1707年 - 1801年 グレートブリテン及びアイルランド連合王国
イギリスの国旗 イギリスの国章
国旗国章
国歌: 神よ女王を守り給え
イギリスの位置
公用語 英語
首都 ロンドン
国王
1707年 - 1714年 アン
1760年 - 1801年ジョージ3世
首相
1721年 - 1742年ロバート・ウォルポール
1783年 - 1801年ウィリアム・ピット
面積
230,977km²
人口
1707年7,000,000人
1801年10,500,000人
変遷
成立 1707年5月1日
アイルランドと合併1801年1月1日
通貨UKポンド
現在イギリスの旗 イギリス

グレートブリテン王国(グレートブリテンおうこく、英語: Kingdom of Great Britain)は、1707年合同法によりイングランド王国ウェールズを含む)とスコットランド王国が合同し成立した王国グレートブリテン島全体を支配した、歴史上最初の国家である。イングランド・スコットランド両国のこの合同は、現代まで続く連合王国(イギリス)の基盤となった。

概要編集

1603年ステュアート朝ジェームズ1世/6世がイングランドとスコットランドの王を兼ねて以来、両国は同君連合の関係にあったが、アン女王時代の1707年合同法により、両国の議会は統一されて一つの国家となった。ただし、1999年スコットランドの自治拡大政策によってスコットランド議会は復活することになる。

アイルランド王国1694年以降、イングランドに実効支配されていたが、このときは合同しなかった。1254年以降イングランド王室の個人領地になっているチャンネル諸島1765年マン島購入法英語版で王室属領になったマン島も王国に合同しなかった。

1776年アメリカ合衆国が独立し、1789年フランス革命が勃発すると、アイルランドにおいても革命政権との連携があり、それが1798年アイルランド反乱英語版を引き起こした。この反乱は鎮圧されたが、再発防止のために首相ウィリアム・ピット1800年合同法を成立させた。これにより、王国は1801年アイルランド王国と合同し、新たにグレートブリテンおよびアイルランド連合王国が成立した。

君主編集

ステュアート家編集

  • アン(在位:1707年 – 1714年) - 1702年から1707年までイングランド女王、スコットランド女王およびアイルランド女王

ハノーヴァー家編集

シンボル編集

ギャラリー編集

出典編集

関連項目編集