ウィリアム・グランヴィル (第3代バース伯爵)

第3代バース伯爵ウィリアム・ヘンリー・グランヴィル英語: William Henry Granville, 3rd Earl of Bath1692年1月30日1711年5月17日)は、イングランド王国の貴族。1701年8月から9月にかけてランズダウン子爵儀礼称号を使用した。

生涯編集

第2代バース伯爵チャールズ・グランヴィルと2人目の妻イサベラ・デ・ナッソー・ドーヴァーカーク(Isabella de Nassau d'Auverquerqueヘンドリック・ファン・ナッサウ=アウウェルケルクの長女)の一人息子として、1692年1月30日に生まれた[1]

1701年9月4日に父が死去すると、バース伯爵の爵位を継承したが、自身もホワイトホール天然痘により[1]1711年5月17日に病死、1711年5月24日に埋葬された[1]。後継者はおらず、バース伯爵の爵位は断絶した。

脚注編集

  1. ^ a b c Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 22.
イングランドの爵位
先代:
チャールズ・グランヴィル
バース伯爵
1701年 – 1711年
断絶