チャールズ・グランヴィル (第2代バース伯爵)

第2代バース伯爵チャールズ・グランヴィル英語: Charles Granville, 2nd Earl of Bath1661年8月31日(洗礼日) – 1701年9月4日)は、イングランド王国の貴族、軍人、政治家、廷臣

生涯編集

初代バース伯爵ジョン・グランヴィル英語版ジェーン・ワイチ英語版の息子として生まれ、1661年8月31日に洗礼を受けた[1]。1676年から1678年まで国外を旅行した後、1680年にローンストン選挙区英語版庶民院議員に当選したが、1681年イングランド総選挙英語版で立候補しなかった[2]。翌年に妻の不倫が発覚すると出国[2]神聖ローマ帝国側で従軍して第二次ウィーン包囲に参戦、1684年1月27日に帝国の伯爵に叙された[1]。また、1683年から1685年まで寝室侍従英語版を務めた[2]

その後、1685年にコーンウォール選挙区英語版で庶民院議員に当選したほか、1685年から1689年までスペイン駐在大使を務め[2]、1689年7月16日に繰上勅書グランヴィル男爵を継承した[1]。その後、1691年から1693年まで父と共同でコーンウォール統監英語版デヴォン統監英語版を務め、1692年から1693年まで寝室侍従を務めた[1]

1701年8月22日に父が死去するとバース伯爵の爵位を継承したが、同年9月4日に拳銃自殺し、セント・ジェームズ英語版で死去した[1]。22日、父とともにキルカンプトン英語版で埋葬された[1]。死後、息子ウィリアムが爵位を継承した[1]

家族編集

1678年5月22日、マーサ・オズボーン(Martha Osborne、1689年9月11日没、初代リーズ公爵トマス・オズボーンの娘)と結婚したが、2人の間に子供はいなかった[1]。1691年3月10日、イサベラ・デ・ナッソー・ドーヴァーカーク(Isabella de Nassau d'Auverquerqueヘンドリック・ファン・ナッサウ=アウウェルケルクの長女)と再婚、1男を儲けた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 21–22.
  2. ^ a b c d Watson, Paula (1983). "GRANVILLE (GRENVILLE), Charles, Lord Lansdown (1661-1701)". In Henning, B. D. (ed.). The House of Commons 1660-1690 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年6月14日閲覧
イングランド議会 (en
先代:
サー・ヒュー・パイパー
サー・ジョン・コリトン準男爵英語版
庶民院議員(ローンストン選挙区英語版選出)
1680年 – 1681年
同職:サー・ヒュー・パイパー
次代:
サー・ヒュー・パイパー
ウィリアム・ハーボード英語版
先代:
フランシス・ロバーツ英語版
リチャード・エッジカム英語版
庶民院議員(コーンウォール選挙区英語版選出)
1685年 – 1686年
同職:ボドミン子爵英語版 1685年
フランシス・ロバーツ英語版 1685年 – 1686年
次代:
サー・ジョン・ケアルー準男爵英語版
ヒュー・ボスコーエン英語版
名誉職
先代:
バース伯爵英語版
コーンウォール統監英語版
デヴォン統監英語版

1691年 – 1693年
同職:バース伯爵英語版
次代:
バース伯爵英語版
イングランドの爵位
先代:
ジョン・グランヴィル英語版
バース伯爵
1701年
次代:
ウィリアム・グランヴィル
グランヴィル男爵
繰上勅書により)

1689年 – 1701年