ウィリアム・トーマス・ハミルトン

ウィリアム・トーマス・ハミルトン(William Thomas Hamilton、1820年9月8日 - 1888年10月26日)は、アメリカ合衆国民主党所属の政治家弁護士である。下院議員、上院議員を務めた後、第38代メリーランド州知事を務めた。

ウィリアム・トーマス・ハミルトン
William Thomas Hamilton
Williamthamilton.jpg
第38代 メリーランド州知事
任期
1880年1月14日 – 1884年1月9日
前任者ジョン・リー・キャロル英語版
後任者ロバート・ミリガン・マクレーン英語版
メリーランド州選出
アメリカ合衆国上院議員
任期
1869年3月4日 – 1875年3月3日
前任者ウィリアム・ピンクニー・ホワイト英語版
後任者ウィリアム・ピンクニー・ホワイト
メリーランド州第4選挙区英語版選出
アメリカ合衆国下院議員
任期
1853年3月4日 – 1855年3月3日
前任者トーマス・イエーツ・ウォルシュ英語版
後任者ヘンリー・ウィンター・デイヴィス英語版
メリーランド州第2選挙区英語版選出
アメリカ合衆国下院議員
任期
1849年3月4日 – 1853年3月3日
前任者ジェームズ・ディクソン・ローマン英語版
後任者ジェイコブ・シャワー英語版
メリーランド州下院英語版議員
任期
1846年 – 1849年
個人情報
生誕 (1820-09-08) 1820年9月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メリーランド州ブーンズボロ英語版
死没1888年10月26日(1888-10-26)(68歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メリーランド州ヘイガーズタウン
政党民主党
配偶者Clara Holmes Jenness Hamilton
子供8人
National Governors Association, Governor's Information, Maryland Governor William Thomas Hamilton

若年期と初期のキャリア編集

ハミルトンは1820年9月8日メリーランド州ブーンズボロ英語版で生まれた。ヘイガーズタウンのヘイガーズタウン・アカデミーを卒業後、1836年にペンシルベニア州キャノンズバーグ英語版ジェファーソン大学に進学した。1840年に大学を卒業した後、元連邦下院議員のジョン・トムソン・メイソン・ジュニア英語版から法律を学び、1845年に弁護士資格を得て、ヘイガーズタウンで弁護士業を開始した。

1846年にメリーランド州下院英語版議員に当選し、1849年までの1期務めた。

1849年にメリーランド州第2選挙区英語版から、1853年にメリーランド州第4選挙区英語版から連邦下院議員に選出された。ハミルトンが選出された選挙区は製造業と鉱業が中心であり、ハミルトンは関税の導入を支持した。

1855年から1868年までの間は政治に関わらず、ヘイガーズタウンで弁護士業を再開した。この間、ハミルトンはメリーランド州西部英語版における優秀な法廷弁護士という評判を得た。

上院議員編集

1869年の連邦上院議員選挙で、ハミルトンはメリーランド州から選出された。ハミルトンは、南北戦争後の南部の主権回復を強く支持したが、全ての人に選挙権を付与する憲法修正第15条には反対票を投じた。

1871年のメリーランド州知事選挙では民主党のウィリアム・ピンクニー・ホワイト英語版への支持を表明したが、当選したホワイトの知事としての行動を見て、それを後悔した。1874年の上院議員選挙で党の公認を得られず、再出馬をしなかった。

メリーランド州知事編集

ハミルトンは1875年のメリーランド州知事選挙への出馬を表明したが、メリーランド州民主党はジョン・リー・キャロル英語版を候補に指名した。ハミルトンは政界から離れて弁護士としての仕事を再開したが、その間も州知事候補指名を求め続け、1849年の州知事選挙で民主党から指名された。選挙では、共和党ジェームズ・アルバート・ゲイリー英語版(後の郵政長官)に2万票以上の差をつけて勝利した[1]

州知事就任後のハミルトンは、たびたび州議会と対立した。ハミルトンは、州議会が州の経済を疎かにしていると考えていた。ハミルトンは、「穀物・干草計量士」などの余剰の役職を整理して州の行政の無駄をなくそうとしたが、州議会が協力せず、実行できなかった。州内の世論はハミルトンを支持していたが、州議会と対立していたため、州民主党は次期知事候補にハミルトンを指名せず、ハミルトンは1期で知事を退任した。

晩年編集

知事退任後、ハミルトンはヘイガーズタウンに戻って弁護士業に復帰した。

知事退任の4年後の1888年10月26日、ハミルトンはヘイガーズタウンで、長い闘病の末に死去した。遺体はローズヒル墓地に埋葬された。

家族編集

ハミルトンはクララ・ホームズ・ジェネス(Clara Holmes Jenness)と結婚した。8人の子供をもうけたが、最後の2人は生まれた年に亡くなり、成人まで成長したのは6人だった[2]

娘のジョセフィン(Josephine)は、発明家のハイラム・パーシー・マキシムと結婚した[2]

娘のクレア(Clare)は、オペラ歌手エマ・イームズ英語版の弟ヘイデン・イームズと結婚した。クレアの娘が女優のクレア・イームズ英語版であり、クレア・イームズの娘が女優ジェニファー・ハワード英語版、ジェニファー・ハワードの息子が俳優のトニー・ゴールドウィンである[3]

脚注編集

  1. ^ “Maryland-Colored voters shot down and driven away from the polls”. The New York Times. (1879年11月5日) 
  2. ^ a b William Thomas Hamilton (1820-1888) - Find a Grave Memorial”. 2022年4月14日閲覧。
  3. ^ CLARE EAMES DEAD; BRILLIANT ACTRESS; American Star Underwent Two Operations During Illness of Three Weeks. WON SUCCESS IN LONDON Enthusiastically Received by Critics and Public--Had Made Reputation Before Going Abroad.” (1930年11月9日). 2022年4月14日閲覧。
  • United States Congress. "ウィリアム・トーマス・ハミルトン (id: H000118)". Biographical Directory of the United States Congress (英語).
  • Maryland Archives biography
党職
先代
ジョン・リー・キャロル英語版
メリーランド州知事選挙民主党候補者
1879年英語版
次代
ロバート・ミリガン・マクレーン英語版
アメリカ合衆国下院
先代
ジェームズ・ディクソン・ローマン英語版
メリーランド州選出下院議員
メリーランド州第2選挙区

1849–1853
次代
ジェイコブ・シャワー英語版
先代
トーマス・イエーツ・ウォルシュ英語版
メリーランド州選出下院議員
メリーランド州第4選挙区

1853–1855
次代
ヘンリー・ウィンター・デイヴィス英語版
アメリカ合衆国上院
先代
ウィリアム・ピンクニー・ホワイト英語版
  メリーランド州選出上院議員(第1部)
1869–1875
同職:ジョージ・ヴィッカース英語版ジョージ・R・デニス英語版
次代
ウィリアム・ピンクニー・ホワイト
公職
先代
ジョン・リー・キャロル英語版
メリーランド州知事
1880–1884
次代
ロバート・ミリガン・マクレーン英語版