ウィリアム・ネアーン (第6代ネアーン卿)

第6代ネアーン卿ジョン・ネアーン英語: William Murray Nairne,6th Lord Nairne1808年 - 1837年12月7日[1])は、スコットランド貴族

生涯編集

第5代ネアーン卿ウィリアム・ネアーンカロライン・オリファント英語版(Caroline Oliphant、1766年8月16日 - 1845年10月27日、ローレンス・オリファントの娘)の一人息子として生まれた。1830年に父が死去すると、爵位を継承した[2]。その後は、生来蒲柳の質だったこともあり、母とともに療養もかねてアイルランドベルギーに移り住んだ[3]。しかしこれは功を奏さず、1837年にブリュッセルで母に先立って死去した[4]

彼には男子がなかったため、みいとこのマーガレット・エルフィンストン英語版が爵位の相続人となった[2]

出典編集

  1. ^ The Jacobite peerage, baronetage, knightage and grants of honour”. Ruvigny et Raineval, Melville Henry Massue, marquis de, (1904),p=126. 2019年11月19日閲覧。
  2. ^ a b Nairne, Lord (S, 1681)”. Cracroft's Peerage. 2019年11月19日閲覧。
  3. ^ Tytler & Watson (1871), p. 140
  4. ^ Tytler & Watson (1871), p. 143

参考文献編集

スコットランドの爵位
先代:
ジョン・ネアーン
ネアーン卿
1830年 – 1837年
次代:
マーガレット・エルフィンストン英語版