ウィリアム・ネアーン (第5代ネアーン卿)

第5代ネアーン卿ウィリアム・マレー・ネアーン英語: William Murray Nairne,5th Lord Nairne、1757年 - 1830年7月9日[1])は、スコットランド貴族

生涯編集

第4代ネアーン卿ジョン・ネアーンとブラバゾン・フィーラー(Brabazon Wheeler、生年未詳 - 1801年4月22日没)の息子として生まれた[1]英国陸軍に勤務して少佐に昇進したという[1]。また、1824年6月17日の議会法によって父祖に対する私権剥奪処分英語版の撤回とネアーン卿位の回復に成功した。[1][2]父と同様にジャコバイト爵位は名乗らなかったという[2]。1830年に死去した[1]

家族編集

十代の頃からカロライン・オリファント英語版(Caroline Oliphant、1766年8月16日 - 1845年10月27日、ローレンス・オリファントの娘)に求婚しており、彼女の住まうガスク英語版地方に足繁く通ったという[3]。1806年にカロラインと結婚してエディンバラに落ち着いたのち、2年後には一人息子のウィリアム(のちの6代卿)が誕生している[2][4]

出典編集

  1. ^ a b c d e Nairne, Lord (S, 1681)”. Cracroft's Peerage. 2019年11月19日閲覧。
  2. ^ a b c The Jacobite peerage, baronetage, knightage and grants of honour”. Ruvigny et Raineval, Melville Henry Massue, marquis de, (1904),p=126. 2019年11月19日閲覧。
  3. ^ "A modest genius", The Akron Beacon Journal, xxvii (164), p. 10, 18 June 1897
  4. ^ 『Sir John Gordon Watson』 National Galleries Scotlandhttps://www.nationalgalleries.org/art-and-artists/3371/carolina-oliphant-lady-nairne-1766-1845-songwriter-her-son-william-murray-nairne-later-6th-lord2019年11月20日閲覧 
スコットランドの爵位
新設
爵位回復
ネアーン卿
1824年 - 1830年
次代:
ウィリアム・ネアーン
先代:
ジョン・ネアーン
— 名目上 —
ネアーン卿
1782年 - 1830年
次代:
ウィリアム・ネアーン