ウィリアム・バイロン (第4代バイロン男爵)

第4代バイロン男爵ウィリアム・バイロン英語: William Byron, 4th Baron Byron1670年1月4日1736年8月8日)は、イギリスの貴族、政治家。詩人の第6代バイロン男爵ジョージ・ゴードン・バイロンの父方の曾祖父にあたる。

第4代バイロン男爵による絵画『鹿のいる公園の風景』(View of a Park with Deer[1]

生涯編集

第3代バイロン男爵ウィリアム・バイロン英語版と1人目の妻ペネロープ・チャーワース(Penelope Chaworth、1632年12月19日洗礼 – 1682年12月12日埋葬)の息子として、1670年1月4日に生まれた[2]

1695年11月13日に父が死去すると、バイロン男爵の爵位を継承した[2]

トーリー党に所属し、1708年までアン女王の王配ジョージ・オブ・デンマーク寝室侍従英語版を務めた[2]

1736年8月8日に死去、長男ウィリアムが爵位を継承した[2]

家族編集

1703年2月、メアリー・エジャートン(Mary Egerton、1676年5月14日 – 1703年4月11日、第3代ブリッジウォーター伯爵ジョン・エジャートンの娘)と結婚したが、メアリーは結婚から6週間後に天然痘で死去した[2]

1706年12月19日、フランシス・ウィルヘルミナ・ベンティンク(Frances Wilhelmina Bentinck、1684年2月18日 – 1712年3月31日、初代ポートランド伯爵ハンス・ウィリアム・ベンティンクの娘)と再婚した[3]

1720年12月3日、フランシス・バークリー英語版(1757年9月21日埋葬、第4代ストラットンのバークリー男爵ウィリアム・バークリーの娘)と再婚[2]、5男1女をもうけた[3]

出典編集

  1. ^ "View of a Park with Deer" (英語). Yale Center for British Art. 2019年9月14日閲覧
  2. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 455–456.
  3. ^ a b "Byron, Baron (E, 1643)". Cracroft's Peerage (英語). 28 July 2011. 2019年9月14日閲覧
イングランドの爵位
先代:
ウィリアム・バイロン英語版
バイロン男爵
1695年 – 1736年
次代:
ウィリアム・バイロン