メインメニューを開く

ウィリアム・ピップス(William Phipps、1922年2月4日 - 2018年6月1日)はアメリカ合衆国インディアナ州出身の男性俳優声優

William Phipps
William Phipps.jpg
商業写真, 1951年
生誕 William Edward Phipps
(1922-02-04) 1922年2月4日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州ビンセンズ英語版
死没 (2018-06-01) 2018年6月1日(96歳没)
住居 カリフォルニア州マリブ
出身校 イースタン・イリノイ大学英語版
職業 俳優、映画プロデューサー
活動期間 1945–2000

代表作に『シンデレラ』のプリンス・チャーミング役(台詞)がある。

経歴編集

1941年イースタン・イリノイ大学に進学、第二次世界大戦海軍として従軍したのち、1945年俳優養成学校に入学。

1947年に『十字砲火』でデビュー。以来『宇宙戦争』『惑星アドベンチャー/スペース・モンスター襲来!』といった1950年代のSF映画や、『ミステリー・ゾーン』『バットマン』といったテレビドラマに出演。

1950年公開の『シンデレラ』では、ハリウッド・リポーターによると、ウォルト・ディズニー直々にプリンス・チャーミング役として100ドルで起用され、専用のリムジンも手配されたという。なお歌唱部分は『マイク・ダグラス ショー』で知られるマイク・ダグラスが担当したが、シカゴ訛りを理由に台詞は担当しなかった。

2000年にプロデューサーも兼任した映画『Sordid Lives』をもって俳優業を引退。

2018年6月1日に肺がんによる合併症で、カリフォルニア州サンタモニカUCLAメディカルセンターで死去[1]。96歳没。『シンデレラ』の出演声優の中では最後に逝去した。

脚注編集

外部リンク編集