メインメニューを開く

ウィリー・ウィリー(英語:willy willy)は、塵旋風 (dust devil) のことを表すオーストラリアの先住民アボリジニ言葉である。オーストラリアの北部や西部に襲来する熱帯低気圧の名称としても使われている。

日本では、「発達した熱帯低気圧の名称の一種で、日本で言う台風と同じ気象現象である」のような形で紹介され、オーストラリアでの熱帯低気圧の名称だと説明されることが多い。オーストラリア周辺の熱帯低気圧は、一般的にサイクロン (cyclone) と呼ばれ、こちらが現在「台風のオーストラリアでの呼称」にあたる(英語圏では cyclone は低気圧全般を指す語でもあるため、誤解のないように tropical cyclone (熱帯低気圧)と言い換えたり、後述の海域・勢力別名称を用いたりすることが多い)。

ただし、「サイクロン」も、熱帯低気圧が存在する海域別に、その勢力ごとに名称がつけられている。例えば「トロピカル・ロー」 (tropical low) や「シビア・トロピカル・サイクロン」 (severe tropical cyclone) といった名称がある。詳細は熱帯低気圧#観測機関別の分類を参照。また、個々のサイクロンにはそれぞれ、海域別にオーストラリア気象局フィジー気象局が、あらかじめリスト化されていた名称を発生順に付けている。例えば、2005年3月の「イングリッド」 (Ingrid) や2002年12月から2003年1月の「ゾーイ」 (Zoe) などがある。詳細は熱帯低気圧#命名を参照。

ウィリー・ウィリーが示す概念は、学術的には塵旋風とよばれる、つむじ風あるいは旋風などにあたる現象である。竜巻についても、学術的には塵旋風と異なるものの、形状が似ていることからしばしばウィリー・ウィリーに含まれることがある。

オーストラリアでは未だにこの名称が使われていることもある。

出典編集

  • Peters, Pam (1995). The Cambridge Australian English Style Guide. Cambridge, New York: Cambridge University Press, 11. ISBN 0-521-43401-7.
  • 小口高・財城真寿美 (2009). ウィリー・ウィリーは熱帯低気圧ではない - 用語法の変化に乗り遅れた日本. 地理(古今書院), 54-9, 102-110. 要約

関連項目編集