ウィルモット・ヴォーン (第2代リズバーン伯爵)

第2代リズバーン伯爵ウィルモット・ヴォーン英語: Wilmot Vaughan, 2nd Earl of Lisburne1755年5月9日1820年5月6日)は、アイルランド貴族。1766年から1800年までヴォーン卿儀礼称号を使用した[1]

生涯編集

初代リズバーン伯爵ウィルモット・ヴォーン英語版と1人目の妻エリザベス(Elizabeth、旧姓ナイチンゲール(Nightingale)、1755年5月19日没、ジョセフ・ガスコイン・ナイチンゲールの娘)の息子として、1755年5月9日に生まれた[1]。1773年1月4日、オックスフォード大学モードリン・カレッジに入学した[2]

1778年11月ごろには精神疾患の兆しを示し、1779年8月24日に精神異常者と認定された[3]

1800年1月6日に父が死去すると、リズバーン伯爵位を継承したが[1]、精神異常者として認定されたため領地管理は異母弟ジョン英語版が行った[3]

1820年5月6日に生涯未婚のままリンカンシャースタンフォード英語版近くで死去、異母弟ジョンが爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward, ed. (1893). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (L to M) (英語). 5 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 109.
  2. ^ Foster, Joseph, ed. (1891). Alumni Oxonienses 1715-1886 (S to Z) (英語). 4. Oxford: University of Oxford. p. 1467.
  3. ^ a b Howells, J. M. (1956). "The Crosswood Estate, 1547–1947". Ceredigion (英語). The Cardiganshire Antiquarian Society. III (1): 78. ウェールズ国立図書館英語版より。
アイルランドの爵位
先代:
ウィルモット・ヴォーン英語版
リズバーン伯爵
1800年 – 1820年
次代:
ジョン・ヴォーン英語版