オックスフォード大学

イギリスの大学都市であるオックスフォードに所在する総合大学

オックスフォード大学(University of Oxford)は、イギリス大学都市オックスフォードに所在する総合大学である。11世紀の末に大学の礎が築かれていることから、現存する大学としては世界で3番目に古く、英語圏では最古の大学である。各種の世界大学ランキングで1位の大学に選ばれるなど(例えば「タイムスハイヤーエデュケーション」では、2017年から5年連続で1位))[1]ハーバード大学ケンブリッジ大学スタンフォード大学などと並び、常にトップレベルの優秀な大学として評価される世界有数の名門大学である。

オックスフォード大学
University of Oxford
Oxford City Birdseye.jpg
オックスフォード大学
種別 古代の大学
設立年 11世紀
所在地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドオックスフォード
サイード・ビジネス・スクール (経営大学院)
公式サイト http://www.ox.ac.uk/
Coat of arms of the University of Oxford.svg
紋章
テンプレートを表示

多くの政治家学者を輩出し、政治家では28人のイギリス首相[2]、30人以上の各国元首、55人のノーベル賞受賞者[2]、150人以上のオリンピックメダリストなどがオックスフォードの出身である。6人のイギリス国王が学び、日本からも今上天皇皇后雅子秋篠宮文仁親王らの皇族が留学している。

学生数(2019年時点)は、学部生が1万1930人、大学院生が1万1813人で、160カ国・地域からの留学生が4割を占める[2]

オックスブリッジ」として並び称されるケンブリッジ大学は、オックスフォードから多くの教師と学生が1209年ケンブリッジに移住した事件に端を発する[3]。両校とも英語圏古代大学欧州内の中世大学群に属し、イギリス伝統のカレッジ制を特徴とする大学である。入学式と卒業式はラテン語で行われる[2]

概要編集

大学運営の最高責任者は総長(Vice-Chancellor)[4]であり、2019年時点の総長はルイーズ・リチャードソン[2]名誉総長(Chancellor)と呼ばれる職位は終身の名誉職であり、2016年時点の名誉総長は香港総督を務めたクリストファー・パッテン。副総長(英称; Pro Vice-Chancellor)は5名の大学運営・学生担当教師と7名のカレッジの学長の計12名が務める。

設置形態は、英語圏では公立大学であると認識されている。法的根拠がイギリス国王の勅許状により設立された自治団体であること、大学財政審議会(UFC)を通じて国家から国庫補助金の配分を受けており、大学規模や文科・理科の配分比率がUFCにより決定されていること、法的性質が明らかに違うバッキンガム大学などの私立大学が近年新設されたことによる。ただし、自然発生的な創立の歴史や高度な大学自治、独自の財産と安定収入のあるカレッジの存在、日本でいう国公立大学とは解釈が異なる。

オクスフォード大学と表記されることもある[5]

歴史編集

オックスフォード大学の創立時期はよく解明されていない。大学としての正式な創立年は1167年と言われているが、全ての施設が一気に構築されたのではなく、長い年月をかけて徐々に形成されたものと考えられている。最古の記録として、1096年にオックスフォードで講義が行われていたという公式の記録が存在しており、少なくともこの時期に大学の前身となる教育施設が築かれていたことは確かであると考えられる。

  • 1167年ヘンリー2世によって、イギリスの学生がパリ大学で学ぶことを禁じられたことをきっかけにオックスフォードに学者が集まり[6]パリから移住してきた学生たちによって大学が形成された[7]。この時期から初期のホール(寮)が設立された。これらのホールはのちにカレッジ(学寮)へと発展した。
  • 1209年に殺人罪で告発された2人の学生が処刑されたことをきっかけに大学は一時解散し、これがケンブリッジ大学の設立につながった。
  • 1214年ローマ教皇特使のニコラス・デ・ロマーニス(Niccolò de Romanis)による交渉の結果、オックスフォードにて大学を再開することが認可された。
  • この大学の地位は1571年に『2大学法人に関する法令(Act for the Incorporation of Both Universities)』によって公式に制定された。ここで、大学の正式名称は「オックスフォードの大学の総長、修士、および学士(The Chancellor, Masters and Scholars of the University of Oxford)」と定められた。

学科とカレッジ編集

 
オックスフォード大学の紋章。ラテン語でDominus illuminatio mea(主は我が光)と記されている。読み方は右方向へではなくページごとに上から下へ

大学の運営は、学科(department)とカレッジ(college)が並列に行っており、カレッジと学科が複雑に相互依存している。カレッジは39あり[2]、大学への入学はカレッジに認められなければならず、授与される学位も、学科での審査とカレッジの認証によって大学から与えられる。カレッジは、学生を学科に送って講義を受けさせる一方で、3人以下の少人数制の個別指導や、4 - 15人程度の中規模のクラスを主催し、専門性が強くなると学科に委託する。学部生は、教育・生活の両面でカレッジへの依存性が強いが、大学院生になるとカレッジ外に住む割合も増え、学科にある研究室や図書館などで行う研究活動が中心になる。各カレッジは代々固有の財産と安定収入を持ち、伝統的な資産はイギリス各地の荘園、農園であり、近年では株式の割合も増えている。カレッジの資産を管理・運用するフェローのことをバルサー英語版と呼ぶ。

学部に相当する組織としては、division(日本語の学部や学系、学群などに相当)があり、その中にdepartment(日本語の学科に近い)がある。日本語ではカレッジが単科大学を指す場合もあるが、オックスフォード大学やケンブリッジ大学のカレッジ制度は性質が異なり、アメリカ合衆国のカレッジ制度とも異なるため学寮やコレッジと呼ぶこともある。学生の多くと一部の教職員とが寝食をともにし、またそこでともに学ぶというシステムである。各カレッジには得意とする専攻分野があるが、基本的には様々な学問分野の研究者と学生が揃っており、学際的な環境にある。大学院生を含めた全ての学生と、ポスドク研究員を除く大学教職員は、カレッジと学科の両方に所属するが、カレッジや学科独自の役職もある。ケンブリッジ大学やダラム大学は、同種のカレッジ制を採用した大学であることから、毎年大学間でカレッジ対抗のスポーツイベント、ドオックスブリッジが開催されている。

キリスト教系宗派の系統を持つカレッジも多く、特にクライストチャーチは、イングランド国教会オックスフォード教区の大聖堂でもあり、唯一大学の中にあり、大聖堂の規模としては英国最小であることを特色とする。英国国教会派以外にもカトリック系(トリニティ・カレッジ、セント・ジョンズ・カレッジ)、長老派系(ハリス・マンチェスター・カレッジ)、バプテスト系(リージェンツ・パーク・カレッジ)、福音派教会系(ウィックリフ・ホール)などのカレッジやパーマネント・プライベート・ホールがある。各カレッジの自治と宗派とのつながりも深く、その点では私立大学的要素も持ち合わせている。

キャンパス編集

連合王国のうち、イングランド王国の大学都市オックスフォード市に本部ならびにカレッジをおく。各カレッジをキャンパスとみなすこともできるが、学科(department)や中央図書館などを含めたものと考えるのが一般的であろう。また、ケンブリッジ大学の項にも記載があるように、学校用地という意味であれば、サイト(Site)が用いられる。

組織編集

中央機関として学部図書館、科学施設と39のカレッジ、7つのホール(Permanent Private Halls ; PPHs)があり、大学の教職員と学生は、カレッジ又はPPHsのうちいずれか1つに所属する。大学院生のみを受け入れるカレッジ、女性専用のカレッジ(St Hilda's)もある(St Hilda's は2006年6月6日に男性の将来的受入に同意し、2007年10月より男女共学が始まった)。St Hilda's College to admit men

2つのカトリックPPHsのほか、St Benet's HallCampion Hallは男子学生のみを受け入れている。

教育は、講義だけではなく、個別指導に力を注いだ形態をとっており、特に学部生はカレッジごとに1対1 - 5人程度の少数のグループでの教育を受ける。講義は学科(department)レベルで行われ、基本的には大学に所属していれば誰でも聴きにいくことができる。分野によって多少の差はあるが、基本的に講義の出欠を取ることはない。しかし試験は講義に沿った内容で学科(department)が行うため、カレッジ中心の教育体制ともいいがたい。

学士の学位は第1級(First Class)、第2級上(Upper Second class)、第2級下(Lower Second Class)、第3級(Third Class)、合格(Pass)の5種類があり、一般的な科目では「ファイナルズ(Finals)」と呼ばれる卒業試験の成績で学位が決まる。ただし、実験レポートなどのコースワークの成績も試験の1科目として扱われるため、試験が全てでない科目も多い。

日本との関係編集

大学間の連携編集

専修大学関西学院大学奈良県立大学金沢学院大学などのいくつかの大学と "交換留学協定" を結んでいるカレッジも存在するが、これはオックスフォード大学の学部生が学期外で在学していない時期にカレッジの施設を寮として使うだけの語学学校であり、大学の学部や学科との交換留学制度ではない。

上智大学との協定により、毎年サマープログラムが開講されている。『エコノミスト』で活躍する記者などを講師に招き、政治・メディアについて理論と実践の立場から学ぶ。他、イギリス文化(シェイクスピアなどを含む)に関する講義もある。

カレッジ一覧編集

名前 設立年 ウェブサイト ケンブリッジ大学の姉妹関係のカレッジ
オール・ソウルズ・カレッジ
All Souls College
1438年 http://www.all-souls.ox.ac.uk/ トリニティ・ホール Trinity Hall
ベリオール・カレッジ
Balliol College
1263年 http://www.balliol.ox.ac.uk/ セント・ジョンズ・カレッジ St John's College
ブレーズノーズ・カレッジ
Brasenose College
1509年 http://www.bnc.ox.ac.uk/ ゴンヴィル アンド キース・カレッジ Gonville and Caius College
クライスト・チャーチ
Christ Church
1546年 http://www.chch.ox.ac.uk/ トリニティ・カレッジ Trinity College
コーパス・クリスティ・カレッジ
Corpus Christi College
1517年 http://www.ccc.ox.ac.uk/ コーパス・クリスティ・カレッジ Corpus Christi College
エクセター・カレッジ
Exeter College
1314年 http://www.exeter.ox.ac.uk/ エマニュエル・カレッジ Emmanuel College
グリーン・テンプルトン・カレッジ
Green Templeton College
2008年 http://www.gtc.ox.ac.uk/ セント・エドムンズ・カレッジ St Edmund's College
ハリス・マンチェスター・カレッジ
Harris Manchester College
1786年,
College status 1996年
http://www.hmc.ox.ac.uk/ ホーマートン・カレッジ
Homerton College
ハートフォード・カレッジ
Hertford College
1282年 http://www.hertford.ox.ac.uk/
ジーザス・カレッジ
Jesus College
1571年 http://www.jesus.ox.ac.uk/ ジーザス・カレッジ Jesus College
キーブル・カレッジ
Keble College
1870年 http://www.keble.ox.ac.uk/ セルウィン・カレッジ Selwyn College
ケロッグ・カレッジ
Kellogg College
1990年,
College status 1994年
http://www.kellogg.ox.ac.uk/
レディ・マーガレット・ホール
Lady Margaret Hall
1878年 http://www.lmh.ox.ac.uk/ ニューナム・カレッジ Newnham College
リネカー・カレッジ
Linacre College
1962年 http://www.linacre.ox.ac.uk/ ウルフソン・カレッジ Wolfson College
リンカーン・カレッジ
Lincoln College
1427年 http://www.linc.ox.ac.uk/ ダウニング・カレッジ Downing College
モードリン・カレッジ
Magdalen College
1458年 http://www.magd.ox.ac.uk/ モードリン・カレッジ Magdalene College
マンスフィールド・カレッジ
Mansfield College
1886年,
College status 1995年
http://www.mansfield.ox.ac.uk/ ホーマートン・カレッジ Homerton College
マートン・カレッジ

Metton College

1264年 http://www.merton.ox.ac.uk/ ピーターハウス Peterhouse
ニュー・カレッジ
New College
1379年 http://www.new.ox.ac.uk/ キングス・カレッジ King's College
ナフィールド・カレッジ
Nuffield College
1958年 http://www.nuff.ox.ac.uk/
オリオル・カレッジ
Oriel College
1326年 http://www.oriel.ox.ac.uk/ クレア・カレッジ Clare College
ペンブルック・カレッジ
Pembroke College
1624年 http://www.pmb.ox.ac.uk/ クイーンズ・カレッジ Queens' College
ザ・クイーンズ・カレッジ
The Queen's College
1341年 http://www.queens.ox.ac.uk/ ペンブルック・カレッジ Pembroke College
セント・アンズ・カレッジ
St Anne's College
1878年 http://www.st-annes.ox.ac.uk/ ニュー・ホール New Hall
セント・アントニーズ・カレッジ
St Antony's College
1950年,
College status 1963年
http://www.sant.ox.ac.uk/ ウォルフソン・カレッジ Wolfson College
セント・キャサリンズ・カレッジ
St Catherine's College
1963年 http://www.stcatz.ox.ac.uk/ ロビンソン・カレッジ Robinson College
セント・クロス・カレッジ
St Cross College
1965年 http://www.stx.ox.ac.uk/ クレア・ホール Clare Hall
セント・エドモンド・ホール
St Edmund Hall
c.1278年,
College status 1957年
http://www.seh.ox.ac.uk/ フィッツウィリアム・カレッジ Fitzwilliam College
セント・ヒルダズ・カレッジ
St Hilda's College
1893年 http://www.st-hildas.ox.ac.uk/ ピーター・ハウス Clare College
セント・ヒューズ・カレッジ
St Hugh's College
1886年 http://www.st-hughs.ox.ac.uk/ クレア・カレッジ Peterhouse
セント・ジョンズ・カレッジ
St John's College
1555年 http://www.sjc.ox.ac.uk/ シドニー・サセックス・カレッジ Sidney Sussex College
セント・ピーターズ・カレッジ
St Peter's College
1929年 http://www.spc.ox.ac.uk/
サマービル・カレッジ
Somerville College
1879年 http://www.some.ox.ac.uk/ ガートン・カレッジ Girton College
トリニティ・カレッジ
Trinity College
1554年 http://www.trinity.ox.ac.uk/ チャーチル・カレッジ Churchill College
ユニバーシティ・カレッジ
University College
1249年 http://www.univ.ox.ac.uk/ トリニティ・ホール Trinity Hall
ウォドム・カレッジ
Wadham College
1610年 http://www.wadham.ox.ac.uk/ クライスト・カレッジ Christ's College
ウォルフソン・カレッジ
Wolfson College
1966年,
College status 1981年
http://www.wolfson.ox.ac.uk/ ダーウィン・カレッジ Darwin College
ウスター・カレッジ
Worcester College
1714年 http://www.worcester.ox.ac.uk/ セント・キャサリンズ・カレッジ St Catharine's College

学位編集

学士号編集

  • Bachelor of Arts(B.A.):教養学士号
  • Bachelor of Fine Arts(B.F.A.):美術士号
  • Bachelor of Theology(B.Th.):神学士号
  • Bachelor of Education(B.Ed.):教育学士号

修士号(学部、4年制)編集

  • Master of Engineering(M.Eng.):工学修士号
  • Master of Physics(M.Phys.):物理学修士号
  • Master of Chemistry(M.Chem.):化学修士号
  • Master of Biochemistry(M.Biochem.):生物学修士号
  • Master of Mathematics(M.Math.):数学修士号
  • Master of Earth Sciences(M.EarthSc.):地球科学修士号


文学修士号編集

  • Master of Arts(M.A.):教養修士号

大学院学位編集

学士号編集

  • Bachelor of Divinity(B.D.):神学士号
  • Bachelor of Medicine & Bachelor of Surgery(B.M., B.Ch.):医学士号、外科学士号
  • Bachelor of Civil Law(B.C.L.):民法学士号
  • Bachelor of Letters(B.Litt.)(no longer awarded):文学士号
  • Bachelor of Science(B.Sc.)(no longer awarded):科学士号
  • Bachelor of Music(B.Mus.):音楽学士号
  • Bachelor of Philosophy(B.Phil.)(only now awarded in Philosophy):哲学士号

修士号編集

  • Master of Surgery(M.Ch.)(10年):外科学修士号
  • Master of Philosophy(M.Phil.):哲学修士号
  • Master of Letters(M.Litt.):文学修士号
  • Master of Science(M.Sc.)(awarded by examination or by research):理学修士号
  • Magister Juris(M.Jur.):法学修士号
  • Master of Studies(M.St.):学士号
  • Master of Theology(M.Th.):神学士号
  • Master of Business Administration(MBA):経営学修士サイード・ビジネス・スクール
  • Master of Public Policy(MPP):公共政策学修士(ブラバトニック公共政策大学院)
  • Master of Education(M.Ed.):教育学修士号

博士号編集

学生編集

受験に際しては、ケンブリッジ大学と同じで、通常の試験および面接による。特徴を挙げると、オックスフォードは人物評価点を重視、ケンブリッジ大学は客観入試点を重視するところに違いがあるといわれている。そのほか、入試期間が約2週間程度になる(アドミッションオフィス入試制)。

スポーツ・サークル・伝統編集

カレッジによっては通常の夕食の後で「フォーマル・ホール(Formal Hall)」と呼ばれる正装を必要とする晩餐を開催するなど、他の国々の大学制度とは異なったしきたりやルールが多数ある。

学部生、大学院生などそれぞれの立場によって着るべき黒のガウンが決められており、各種式典やフォーマル・ホールなどの公式な場では身に着けることを要請されている。また、ライバル校、ケンブリッジにはないしきたりとして、試験を受ける際、白いシャツ、黒のズボンあるいはスカートに男性はジャケット、その上からガウンを着る、いわゆる「サブファスク」を着るよう義務づけられていることが挙げられる。

教員およびおもな出身者編集

関連書籍編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/2020/world-ranking#!/page/0/length/25/sort_by/rank/sort_order/asc/cols/statshttps
  2. ^ a b c d e f 英オックスフォード大に学ぶ(上)伝統に革新重ねる日本経済新聞』朝刊2019年12月18日(大学面)2020年1月2日閲覧
  3. ^ 水田大紀「学校と教育」『はじめて学ぶイギリスの歴史と文化』指昭博編著、ミネルヴァ書房、2012年、159-160頁。
  4. ^ 研究社 新英和中辞典』では、「Vice-Chancellor」を「副総長」と訳している。「Chancellor」は名誉職で実務を行わないので、「Vice-Chancellor」が事実上の最高責任者であることには違いない。
  5. ^ http://agora-web.jp/archives/2035107.html 【GEPR】世界の環境は改善されている アゴラ
  6. ^ 中野葉子「ジェントルマンのたしなみ」『概説 イギリス文化史』佐久間康夫・中野葉子・太田雅孝編著、ミネルヴァ書房、2002年、166-167頁。
  7. ^ 水田大紀「学校と教育」『はじめて学ぶイギリスの歴史と文化』指昭博編著、ミネルヴァ書房、2012年、159頁。

外部リンク編集

座標: 北緯51度45分40秒 西経1度15分12秒 / 北緯51.76111度 西経1.25333度 / 51.76111; -1.25333