メインメニューを開く

ウォルター・ギネス (初代モイン男爵)

初代モイン男爵ウォルター・エドワード・ギネス

初代モイン男爵ウォルター・エドワード・ギネス英語: Walter Edward Guinness, 1st Baron Moyne1880年3月29日 - 1944年11月6日)は、イギリスの政治家、貴族。

目次

生涯編集

1880年3月29日に初代アイヴァー伯爵エドワード・ギネスとその妻で三従姉弟にあたるアデレイド(リチャード・サミュエル・ギネス英語版の娘)の間の三男として生まれる。ギネスの事業と第2代アイヴァー伯爵位を継承したルパート・ギネスは長兄である[1][2]ギネス家はビール醸造会社ギネスの創設者として知られるアングロ・アイリッシュ英語版の財閥だった。

イートン校を卒業後、帝国ヨーマンリー連隊英語版の大尉となり、1900年から1901年にかけて第二次ボーア戦争に従軍した[3]

1907年8月から1931年10月にかけてベリー・セント・エドマンズ選挙区英語版から選出されて統一党(保守党)所属の庶民院議員を務めた[3][4]

第一次世界大戦サフォーク・ヨーマンリー連隊英語版の中佐として従軍し、ガリポリの戦いフランダースでの戦いに参戦し、3度にわたって殊勲者公式報告書に名前が載った[3]

1922年から1923年にかけて陸軍省政務次官英語版[3]1923年から1924年1月にかけてと1924年11月から1925年11月にかけて財政担当財務省政務次官英語版[3]1924年枢密顧問官(PC)に列した[3]1925年から1929年にかけては農林水産大臣英語版を務めた[1][3]

1932年1月に連合王国貴族爵位モイン男爵に叙され[1][3]貴族院議員に列した[4]1941年から1942年にかけて植民地大臣貴族院院内総務に就任[1]1942年から1944年にかけては中東大臣代理を務め、ついで1944年1月から11月にかけて中東大臣を務めたが[3]、モイン男爵はユダヤ人パレスチナ居住制限派と見做されていたため、パレスチナのユダヤ人の反発を受けており、1944年11月6日大英帝国半植民地エジプトにおいてカイロからゲズィーラ島にある自宅へ戻ろうとする途中にユダヤ人ゲリラ組織レヒエリヤフ・ベト=ズリ英語版エリヤフ・ハキム英語版によって運転手もろとも拳銃で暗殺された。この事件はこれまでシオニズム運動を後援してきた英国内でシオニズム運動への反発を高める結果となり、シオニズム運動にとって大きな打撃となった。1948年のイスラエル建国に際して英国のイスラエルに対する態度が硬化したのはこの暗殺事件が原因の一つと見られている[5]。暗殺犯二人は間もなく逮捕され、翌1945年に絞首刑に処された。彼らの遺体は1975年イスラエルへ返還され、現在も英雄視されている。

栄典編集

爵位編集

1932年1月21日に以下の爵位を新規に叙された[1][3]

勲章編集

家族編集

1903年6月24日スコットランド貴族の第14代バカン伯爵英語版シプリー・アースキン英語版の娘イヴリン・ヒルダ・ステュアート・アースキン(Evelyn Hilda Stuart Erskine, 1883-1939)と結婚。彼女との間に以下の3子を儲けた。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e Heraldic Media Limited. “Moyne, Baron (UK, 1932)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年9月6日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Edward Cecil Guinness, 1st Earl of Iveagh” (英語). thepeerage.com. 2016年9月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k Lundy, Darryl. “Walter Edward Guinness, 1st Baron Moyne” (英語). thepeerage.com. 2016年9月6日閲覧。
  4. ^ a b UK Parliament. “Lieut-Colonel Walter Guinness” (英語). HANSARD 1803-2005. 2016年9月6日閲覧。
  5. ^ マンスフィールド 2012, p. 289-290.

参考文献編集

  • マンスフィールド, スティーヴン 『ギネスの哲学 地域を愛し、世界から愛される企業の250年』 英治出版、2012年。ISBN 978-4862761149
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
フレデリック・ハーヴィー英語版
ベリー・セント・エドマンズ選挙区英語版
選出庶民院議員

1907年英語版–1931年
次代:
フランク・ヒールジャーズ英語版
公職
先代:
サー・ウィリアム・ジョインソン=ヒックス英語版
財政担当財務省政務次官英語版
1923年–1924年
次代:
ウィリアム・グラハム英語版
先代:
ウィリアム・グラハム英語版
財政担当財務省政務次官英語版
1924年–1925年
次代:
ロナルド・マクネイル英語版
先代:
エドワード・ウッド
農林水産大臣英語版
1925年–1929年
次代:
ノエル・バクストン英語版
先代:
初代ロイド男爵英語版
植民地大臣
1941年–1942年
次代:
クランボーン子爵
貴族院院内総務
1941年–1942年
党職
先代:
初代ロイド男爵英語版
保守党貴族院院内総務英語版
1941年–1942年
次代:
クランボーン子爵
イギリスの爵位
先代:
新設
初代モイン男爵
1932年–1944年
次代:
ブライアン・ギネス