ウォルター・シドニー・アダムズ

ウォルター・シドニー・アダムズ(Walter Sydney Adams, 1876年12月20日 - 1956年5月11日)はアメリカ合衆国天文学者である。スペクトル型から絶対等級をもとめ、恒星までの距離を求める方法や金星の大気の研究や、白色矮星の確認などに功績をあげた。

ウォルター・シドニー・アダムズ
Walter Sydney Adams
Walter Sydney Adams.jpg
生誕 1876年12月20日
トルコ,アンタキヤ
死没 1956年5月11日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国,
パサデナ (カリフォルニア州)
研究分野 天文学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

宣教師の両親のもとでオスマン帝国シリアアンティオケイアに生まれ[1]、1885年にアメリカに戻った[2]ダートマス大学 を卒業した後、ヤーキス天文台に入り、ウィルソン山天文台の設立に協力し、1921年からウィルソン山天文台副所長を、1923年から1946年までは所長を務めた。太陽スペクトルの研究から、恒星までの距離を測定する方法をArnold Kohlschutterとともに発見した。また、Theodore Dunham Jr.と金星の大気の研究をおこなった。1915年からはシリウスの伴星の研究をはじめ、シリウス伴星が白色矮星であることを確認した。

受賞歴編集

命名編集

参考文献編集