ウズベキスタン国立大学


ウズベキスタン国立大学 (ウズベク語: Oʻzbekiston Milliy Universiteti英語: National University of Uzbekistan) は、ウズベキスタン首都タシュケントにある、ウズベキスタン最古かつ最大の大学である。ウズベキスタン国立大学は13の学科から構成されている。ウズベキスタン国立大学は1918年にトルキスタン人民大学として1,200人の生徒を集めて創立された。1920年、大学はトルキスタン州立大学 (ロシア語: Туркестанский государственный университет)に改編され、1923年7月に第一中央アジア州立大学 (ロシア語: Первый Среднеазиатский Государственный Университет) へと名称変更された。この名称は1950年代まで使用されていた。1960年に大学の名称がウラジーミル・レーニンにより「V.I.レーニン・タシュケント州立大学」 (ロシア語: Ташкентский государственный университет им. В. И. Ленина) へと名称変更された。ウズベキスタン独立後に現在の名称となった。

ミルザ・ウルグベク・ウズベキスタン国立大学
Mirzo Ulug'bek nomidagi Oʻzbekiston Milliy Universiteti
学校種別 国立大学
設立年 1918年
学長 Go`fur Isroilovich Muxamedov
理事会人数
1,200人
学生数 10,000人以上
所在地 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン
タシュケント
キャンパス 都心
ウェブサイト www.nuu.uz
テンプレートを表示

第二次世界大戦中は多くの学科が西部ソビエト連邦都市から中央アジアへと疎開を行なっており、タシュケントはカザフスタンアルマ・アタと共にヨーロッパスタイルのインフラ整備が行われ、多くのロシア語話者が滞在することとなった。モスクワから来た教授グループはタシュケントからアシガバートへと異動となる際に抗議を行った[1]

2010年12月には、日本の自然科学研究機構 (NINS) とウズベキスタン国立大学の間で研究者、学生の交流を行う国際学術交流協定が結ばれている[2]

脚注編集

  1. ^ Paul Stronski, Tashkent: Forging a Soviet City, 1930-1966 (University of Pittsburgh Press, 2010: ISBN 0-8229-6113-X), pp. 94-95.
  2. ^ 日本・ウズベキタン共和国共同声明 - VI.人的交流の促進”. 外務省公式サイト (2011年2月9日). 2013年2月3日閲覧。

外部リンク編集