メインメニューを開く
ウッタラディット県
จังหวัดอุตรดิตถ์
Flag of the Uttaradit Province.pngSeal Uttaradit.png
ウッタラディット県の位置
タイの国旗 タイ王国
県庁所在地ムアンウッタラディット郡
面積7,838.592 km²
人口460,995 人 2013年
人口密度58.81 人/km²
ISO 3166-2TH-53
  • この項目は英語版を元に作成されています。

ウッタラディット県(ウッタラディットけん、タイ語: จังหวัดอุตรดิตถ์)はタイ北部の県(チャンワット)の一つ。ピッサヌローク県スコータイ県プレー県ナーン県と接し、ラオスとの国境を有する。

目次

地理編集

ウッタラディット県はナーン川に沿うようにあり、市内から約45kmの地点で、ナーン川はシリキット王妃・ダム英語版につながる。ダムは25,000haの面積を持つ。

県は広くチークが豊富に見られる、サックヤイ国立公園では樹齢1,500年程度、胴回り9.87m、高さ37mの世界最大のチークを見ることができる。元は48.5mの高さがあったが、嵐で一部が折れたため現在の高さになった。

県章編集

 
県章

県章はラップレー郡にあるワット・プラテーンシラアット(寺院)がデザインされている。寺の本尊はラテライト製の煉瓦ブッダが悟りを得るために使った道具であると信じられている。モンドップはその上に建てられている。

県木はチーク、県花はカリン (ดอกประดู, マメ科 Pterocarpus sp.) の花である。

行政区編集

その他編集

日本のSF小説『MM9 怪獣のいる風景』(単行本化時に『トワイライト・テールズ』に改題)の第3・4話の舞台となっている。

注脚編集