メインメニューを開く

ウミユリウミユリ綱に分類される棘皮動物のうち、ウミシダ類を除く一群である。「ユリ」の名前がついているために植物のような印象を与えるが、ヒトデウニと同じ棘皮動物の仲間である。

ウミユリ
Haeckel Crinoidea.jpg
"Crinoidea" from Ernst Haeckel's
Kunstformen der Natur, 1904
分類
: 動物界 Animalia
: 棘皮動物門 Echinodermata
: ウミユリ綱 Crinoidea
亜綱 : 関節亜綱 Articulata
和名
〜ウミユリ
英名
sea lilies
  • ホソウミユリ目 Millericrinida
  • マガリウミユリ目 Cyrtocrinida
  • チヒロウミユリ目 Bourgueticrinida
  • ゴカクウミユリ目 Isocrinida

植物の茎のような一本の長い支持体の先端に腕を広げた形状で特徴づけられ、海底から直接腕を広げるウミシダ類と対比される。関節を持った長い支持体の有無という観点から、ウミシダ類を「無節ウミユリ類」と称し、ウミユリを「有節ウミユリ類」と称することもある。ただしこの「有節/無節:ウミユリ/ウミシダ」という二分法は外見による便宜上のものであり、分類学上は本項で解説するウミユリ(ウミユリ綱のうち有節の群)のみを分類するタクソンは提唱されていない。

現在は水質の変化が少ない各国の海(深海)に棲み、体長は35-50cm。生きている化石としても有名である。海底に生息しているため、生体を見ることはなかなか難しい。古代では浅瀬にも生息していた。

特徴編集

ウミユリはのように見える支持体と、花弁のようなを持っている。種によっては海藻のような外見を呈し、体色もあざやかなものが多い。腕によって海中のプランクトンなどを捕らえ、餌としている。幼体の間は自由に海を泳ぎまわることができる。成体になるとウミユリは普段はなどに接着して固着性の生活を営むが、稀に基物を離れて海中を漂う事もある。

化石編集

 
ウミユリの化石

ウミユリの化石が多く見つかるのは、約2億5000万年前の地層である。最古の化石が見つかるのはバージェス頁岩の中なので、カンブリア爆発時に出現したと考えられている。ウミユリの体は脆弱であり、全体に骨格が小さな節に分かれているので、それらがばらばらになり、全形をとどめないことが多い。ばらばらの節だけが堆積した石灰岩も見られる。生息数も多いようで、日本からもたくさんの化石が見つかっている。

現生種編集

現生のウミユリでは日本近海に生息するトリノアシなどが知られている。