ウメオ中央駅

スウェーデンの駅

ウメオ中央駅(ウメオちゅうおうえき、スウェーデン語: Umeå centralstation または Umeå C)とは、スウェーデンウメオにある鉄道駅である。

ウメオ中央駅
Umeå centralstation.jpg
所在地 スウェーデン
ウメオウメオコミューン
座標 北緯63度49分50秒 東経20度16分0秒 / 北緯63.83056度 東経20.26667度 / 63.83056; 20.26667座標: 北緯63度49分50秒 東経20度16分0秒 / 北緯63.83056度 東経20.26667度 / 63.83056; 20.26667
運営者 SJ AB、Norrtåg AB
路線 ボスニア線(ベンネス - ウメオ - ホルムスンド間)
建築物
建設者 フォルク・ゼッテーバル
歴史
開業 1896年
テンプレートを表示

歴史編集

ウメオ中央駅の駅舎はフォルク・ゼッテーバル(Folke Zettervall)が設計し、1895~1896年に建てられた[1]。2001年には駅舎がスウェーデンの歴史的建造物に指定され[1]、2010年7月には地域の再開発が始まった[2]。工事は2012年秋に終わる予定であり、駅は2010年8月7日から2011年6月1日まで閉鎖され[3]、その間の旅客運送はウメオ東駅が担った[3]

脚注編集

  1. ^ a b Järnvägsstationen” (Swedish). Västerbottens museum. 2010年9月4日閲覧。
  2. ^ Ombyggnaden av stationsområdet har påbörjats” (Swedish). Umeå Municipality. 2010年9月4日閲覧。
  3. ^ a b Umeå Central byggs om — tåg, buss och bil påverkas” (Swedish). Umeå Municipality. 2010年9月4日閲覧。