メインメニューを開く

ウラジスラフ・イワノフ

ソ連の物理学者

ウラジスラフ・アレクサンドロヴィチ・イワノフВладислав Александрович Иванов1936年 - 2007年)は、ソビエト連邦ロシア電気工学者

ウラジスラフ・アレクサンドロヴィチ・イワノフ
Владислав Александрович Иванов
生誕 1936年
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
死没 2007年
国籍 ロシアの旗 ロシア
研究分野 電気工学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

業績編集

1960年代にソビエトのウラジスラフ・イワノフは、航空機の航法装置であるプロトン磁力計の原理を元に核磁気共鳴画像法(MRI)に関する複数の特許を取得したものの[1][2][3]、上層部の無理解により、提案は黙殺され、また、外国への出願、論文の発表も禁止されたため、先駆的な業績を挙げていたにもかかわらず、ソビエトが崩壊するまで諸外国に知られる事はなかったとされる[1]

関連項目編集

脚注編集