ウラジーミル・エゴロフ

ウラジーミル・エゴロフロシア語: Владимир Демьянович Егоров1939年11月7日 - 2016年10月4日)は、ベラルーシ共和国の軍人、チェキスト内務相ベラルーシ国家保安委員会(KDB)議長を歴任。

経歴編集

モギリョフ州チェリコフスキー地区レチーツァ村出身。ベラルーシ人

1958年、N.K.クルプスカヤ名称共和国文化教育学校卒業後、チェリコフスキー地区文化会館館長として働く。その後、1962年までソ連軍に召集。

1967年、歴史学専攻でモギリョフ教育大学を通信教育で卒業し、コムソモールの仕事に移る。1974年~1977年、白ロシア・コムソモール中央委員会書記。

1977年からソ連国家保安委員会(KGB)に入り、1979年、F.E.ジェルジンスキー名称ソ連KGB高等学校を卒業。その後、白ロシア・ソビエト社会主義共和国閣僚会議附属KGBの副課長。

1981年、内務機関に移り、ブレスト州執行委員会内務局長、白ロシア内務第一次官、ラトビア・ソビエト社会主義共和国内務相、アフガニスタン民主共和国内務省附属ソ連内務省代表部部長、ソ連内務省輸送機関内務総局長、ベラルーシ共和国内務相を歴任する。

1994年7月~1995年12月、ベラルーシ国家保安委員会議長。

1996年2月~2000年11月、ベラルーシ最高会議代議員、代表者院国家安全保障担当委員会委員長。

パーソナル編集

赤旗勲章、名誉勲章、メダル15個を受章。

先代:
ゲンナジー・ラヴィツキー
ベラルーシ国家保安委員会議長
1994年 - 1995年
次代:
ウラジーミル・マツケヴィッチ