ウラジーミル・モオロ

ウラジーミル・G.モオロ(ムーア、Владимир Григорьевич Мооро、1855年 - 没年不詳)は、ロシア帝国軍事技術者建築家工兵将校として教育を受け軍人技術者の道を歩んだが、沿海州プリモーリエ)およびハバロフスクの最初の建築家としても知られる。ハバロフスク市地域名誉市民、技術少将。父親も軍人

略歴編集

1873年、IUニコラス卒業。1885年、中佐。1889年、大佐。1913年、サンクトペテルブルクに異動し、少将。1914年、除隊。おもにアムール総督の軍事エンジニアビル部局に所属した。 アサンプション大聖堂、士官候補生隊宿舎などを手がけ、その他、サンクトペテルブルクの市内の形状を決定し、建物建設で街並みを代わりに、コントロールバインドした。

特に重要な建築作品として、ハバロフスククラブ(現在の極東美術館、国重要モニュメント、1887年)、セントイノケンチア教会(シベリアと極東の護聖人イルクーツク・セントイノセント、最初の名誉司教、1896年、1990年に再建)、艦隊司令官の家(Материал из Википедии свободной энциклопедии、ロシア・ウラジオストク、国重要モニュメント、1889年-1891年)があげられる。

参考文献編集

  • 『ロシア建築案内』著・写真:リシャット・ムラギルディン 訳者:高橋純平 発行:TOTO出版 4-88706-216-8