ウルフ時光(ウルフ ときみつ、本名:時光 康夫[1](ときみつ やすお)、1977年5月21日 - )は、日本の元プロボクサー岡山県高梁市出身[2]。第6代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者。現役時代は倉敷守安ボクシングジムに所属していた。

来歴編集

1994年10月30日のプロデビュー戦は判定勝ち。

その後1998年2月にOPBF東洋太平洋ミニマム級王者ニコ・トーマスとOPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチを行い、12回判定勝ちでOPBF王座獲得[3]。その後1回防衛して、王座返上。

1999年5月、WBC世界ミニマム級暫定王者ワンディ・シンワンチャーとWBC世界ミニマム級暫定タイトルマッチを行い、TKO負けで世界王座獲得に失敗[4]

そして2001年11月、WBC世界ミニマム級王者ホセ・アギーレとWBC世界ミニマム級タイトルマッチを行い、TKO負けで再び世界王座獲得に失敗[5]。翌2002年5月、引退[6]

引退後はナックルファイトに参戦していた[7]

戦績編集

  • プロ - 23戦19勝4敗(11KO)

獲得タイトル編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
ニコ・トーマス
第6代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者

1998年2月22日 - 1999年2月(返上)

空位
次タイトル獲得者
中島浩