メインメニューを開く

ウンターヴァルデンドイツ語: Unterwalden)は、ルツェルン湖の南方で現在のスイスの2つのカントンにまたがる地域の旧称である。オプヴァルデン準州がその南半分、ニトヴァルデン準州が北半分である。

紋章

ウンターヴァルデンは、ウーリシュヴィーツとともに1291年に永久盟約en)を結んだ国の1つであり、スイス連邦の発足メンバーである[1]


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 川口マーン惠美『世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン』講談社、2016年、152頁。ISBN 978-4-06-272965-9