ウンベルト・ディ・サヴォイア=アオスタ

ウンベルト・マリーア・ヴィットーリオ・アメデーオ・ジュゼッペ・ディ・サヴォイア=アオスタUmberto Maria Vittorio Amedeo Giuseppe di Savoia-Aosta, 1889年6月22日 - 1918年10月19日)は、イタリアの王族、軍人。ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の孫息子の1人。サレーミ伯(Conte di Salemi)の儀礼称号で呼ばれた。

ウンベルト・ディ・サヴォイア=アオスタ
Umberto di Savoia-Aosta
Prince Umberto, Count of Salemi.jpg

称号 サレーミ伯
出生 (1889-06-22) 1889年6月22日
イタリア王国の旗 イタリア王国トリノ
死去 (1918-10-19) 1918年10月19日(29歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国クレスパーノ・デル・グラッパ
埋葬  
イタリア王国の旗 イタリア王国クレスパーノ・デル・グラッパ、のちモンテ・グラッパ
父親 スペインアマデオ1世
母親 マリー・レティシア・ボナパルト
テンプレートを表示

生涯編集

元スペイン王でアオスタ公爵家の初代当主であるアメデーオと、その2番目の妻で初代プランス・ナポレオン(ナポレオン公)の娘であるマリー・レティシア・ボナパルトの間の一人息子として、トリノで生まれた。両親は叔父と姪の間柄であった。生後わずか1歳で父を亡くし、アオスタ公爵家は20歳年上の異母兄エマヌエーレ・フィリベルトが継いだ。

ウンベルトは1908年にリヴォルノの海軍大学に入学したが、1911年に窃盗の罪で告発された。従兄のイタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世はウンベルトを逮捕しようとしたが、母親のマリー・レティシアは息子をトリノに連れ帰り、国王の命令による逮捕の実行を阻もうとした。国王は逮捕しない代わり、ウンベルトにトリノ郊外のモンカリエーリ城で謹慎した後、憲兵隊長の指導及び監視の下で18か月間を軍艦の上で過ごすように命じた。

第一次世界大戦が勃発すると、ウンベルトは自ら志願してイタリア王国軍に入隊した。ウンベルトは陸軍中尉となり、カターニャ軽騎兵連隊に所属した。勇敢な戦いぶりを見せたとして、銀メダルを授与された。ウンベルトは1918年10月、大戦が終わる1か月前に29歳で早世した。公式発表では戦死とされていたが、実際の死因はスペインかぜだった。ウンベルトはクレスパーノ・デル・グラッパの納骨堂に埋葬されたが、遺骸は1926年になってモンテ・グラッパの軍慰霊地に移された。