エウアゴラス2世ギリシア語: Εὐαγόρας、Evagoras、? - 紀元前346年)は、古代ギリシアキュプロス(キプロス)における、サラミス王(在位:紀元前361年 - 紀元前351年)、ペルシア帝国サトラップ(太守)紀元前351年 - 紀元前349年)。エウアゴラス2世は、おそらくは、ニコクレス (Nicocles) の子、エウアゴラス1世の孫であったものと思われる[1][2]。親ペルシアの立場をとったため、紀元前360年ころに、異母兄弟の子で、後に王位を継承するプニュタゴラスに率いられたキュプロス人たちが反乱を起こした際に、島から追放されてしまった。ペルシアは、追われたエウアゴラス2世にフェニキアシドン(サイダ)王(紀元前349年 - 紀元前346年)という名目上の肩書きを与えたが、エウアゴラス2世は無能であったためにこの地位も追われ、結局キュプロスに帰還し、捕らえられて処刑された。[3]

エウアゴラス 2世が描かれた4ドラクマ銀貨(パリ、Cabinet des médailles 蔵)

出典・脚注編集

  1. ^ toutefois selon Achille Émilianidès Histoire de Chypre Que sais-je ? n° 1.009 fr:Presses Universitaires de France Paris 1963, p. 24, il était un frère cadet de ce même Nicoclès et le plus jeune fils d'Évagoras.
  2. ^ ニコクレスの弟、エウアゴラス1世の末子とする見方もある。(井上、1965、p.47)
  3. ^ ディオドロス『歴史叢書』16, 46, 3

参考文献編集

  • Peter Högemann: Euagoras 2. In: Der Neue Pauly (DNP). Band 4, Metzler, Stuttgart 1998, ISBN 3-476-01474-6, Sp. 202.
  • 井上一「エウアゴラス-古代王権論理解のためのひとつの試み-」『オリエント』第8巻3-4、社団法人日本オリエント学会、1965年、 33-48,133、2013年1月1日閲覧。 NAID 130000841277
先代
ニコクレス
サラミス王
紀元前360年紀元前350年
次代
プニュタゴラス