エコメカニクス (Ecomechanics) は生物と環境との相互作用を力学の手法を用いて研究する科学の専門分野である。生態学比較生理学の要素を合わせたバイオメカニクスの派生として生まれた[1]

エコメカニクスという用語は、Mimi Koehl博士によって初めに名付けられた。この分野は、en:Friday Harbor Laboratoriesにおける研究グループの結果として2009年9月に発足した。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Mark Denny; Brian Helmuth (2009-07-21). “Confronting the physiological bottleneck: A challenge from ecomechanics”. Integrative and Comparative Biology 49 (3): 197–201. doi:10.1093/icb/icp070. PMC: 2895352. PMID 20607137. http://icb.oxfordjournals.org/cgi/content/full/49/3/197.