メインメニューを開く

エジプト航空エクスプレス( - こうくう - 、EgyptAir Express)は、エジプトコミューター航空会社2006年に地域的な航空サービスを提供するためのエジプト航空の子会社として設立され、2007年より運航を開始した。2008年6月には親会社であるエジプト航空も加盟する航空連合スターアライアンスのメンバーとなっている。

エジプト航空エクスプレス
EgyptAir Express
IATA
MS
ICAO
MSE
コールサイン
EGYPTAIR EXPRESS
設立 2007年
ハブ空港 カイロ国際空港
シャルム・エル・シェイク国際空港
焦点空港 フルガダ国際空港
航空連合 スターアライアンス
保有機材数 6機
(+6機発注)
就航地 12都市
親会社 EgyptAir Horlding Company
本拠地 エジプト・アラブ共和国カイロ市
代表者 Mohamed Hassan(社長
外部リンク http://www.egyptair.jp/ (エジプト航空)
テンプレートを表示
エンブラエル 170-100LR

目次

歴史編集

エジプト航空エクスプレスは小型機による運航頻度の高い国内航空運輸の需要への対応のためにエジプト航空によって設立された子会社である。100%をエジプト航空が所有している。

 
エンブラエル 170の機内

エジプト航空ホールディングス社の会長であるAtef Abdel Hamid Mostafaはエジプト航空エクスプレスについて、「これまでのエジプト航空の国内におけるサービスはあまりにも朝早い便か、逆に夜遅すぎる便がほとんどだった。これは、国内線で使用される機体が国際線で使用される大型のものをそのまま運航にあてていたことが一因であると考えられる。国内の就航地それぞれに対して需要に合った輸送量を高い頻度で提供するようになるために、エジプト航空は新たな中核事業として地域輸送を担う子会社を設立することを決めた。」と語っている。

就航都市編集

保有機材編集

関連項目編集