エスタディオ・ラモン・デ・カランサ

エスタディオ・ラモン・デ・カランサEstadio Ramón de Carranza)は、スペインカディスにあるサッカー専用スタジアム。カディスCFのホームスタジアムでもある。このスタジアムは1955年9月3日に開場し、これまで2回の大規模な改修が行われた。収容人数は20,724人であり、これは国内で24番目、アンダルシア州では5番目の規模を誇る。

エスタディオ・ラモン・デ・カマラサ
Estadio Ramón de Carranza

Vista aérea Nuevo Ramón de Carranza.jpg

エスタディオ・ラモン・デ・カランサの位置(カディス県内)
エスタディオ・ラモン・デ・カランサ
エスタディオ・ラモン・デ・カランサの位置(スペイン内)
エスタディオ・ラモン・デ・カランサ
施設情報
所在地 スペインの旗 スペイン カディス
位置 北緯36度30分10秒 西経6度16分23秒 / 北緯36.50278度 西経6.27306度 / 36.50278; -6.27306座標: 北緯36度30分10秒 西経6度16分23秒 / 北緯36.50278度 西経6.27306度 / 36.50278; -6.27306
開場 1955年9月3日
拡張 1984年, 2003年-2012年
所有者 カディス自治体
運用者 カディスCF
グラウンド
ピッチサイズ 105 x 68 m
設計者 マヌエル・ムニョス・モナステリオ
フェルナンデス・プジョル
使用チーム、大会
カディスCF (1955年 - )
スペイン代表
収容人員
20,724人

歴史編集

1955年9月3日開場。開場前の8月6日、当時のカディス市長"ホセ・レオン・デ・カランサ"と建設責任者"カサラ・モラーレス"、そして設計を担当した"モナステリオ"、"プジョル"の二人にカディスCFオーナーの"フアン・ラモン・ギジェルエロ・モンテーロ"らによってお披露目会が開催され、同時に国旗掲揚も行われた[1]。建設当時の収容人数は15,000人で、スタンドとピッチの間には陸上トラックが併設されていた。こけら落としはFCバルセロナとの試合で、ルイス・スアレスらの得点もあり、0-4で大敗した。

スタジアム最初の改修は1984年に執り行われた。スタンド全ての改築と陸上トラックを取り払い、スタンドとピッチの距離を近づける工事が主な内容だった。また、左右のメインスタンドに屋根を設置することも計画された。この改修完了後、スタジアムの収容人数は23,000人にまで拡大し、アンダルシア州でも最大級のスタジアムに成長した。2002年2月8日、当時のカディス市長テオフィラ・マルティネスによって小規模な改修が行われ、スタジアム内の商業エリア拡大などが施された[1]

2回目の大改修は2003年から2012年の約9年に及んだ。この改修ではピッチを取り囲む4つのスタンド全てをいったん排除し、2003年から2005年には南と東スタンドを新たに設置。北スタンドは2006年から2008年に、4つのスタンドにおいて最も大規模な西スタンドは2009年から2012年にかけて建設された。

新スタジアムの収容人数は20,724人となり、スタジアム総面積は94,938平方メートルになった。また、スタジアムの地下には乗用車900台を収納できる地下駐車場、メインスタンドには宿泊施設が併設された。この改築にかかった費用は約6800万ユーロにも上った。

脚注編集

  1. ^ a b Estadio Ramón de Carranza Cádiz CF - Web Oficial” (スペイン語). Estadio Ramón de Carranza. 2020年12月25日閲覧。

外部リンク編集