エスタディ・ヨハン・クライフ

エスタディ・ヨハン・クライフカタルーニャ語: Estadi Johan Cruyffスペイン語: Estadio Johan Cruyff)は、スペインカタルーニャ州バルセロナ県サン・ジュアン・ダスピにある、FCバルセロナ運営のサッカースタジアム。バルセロナのトレーニング施設と育成組織(ラ・マシア)の拠点であるシウタ・エスポルティバ・ジョアン・ガンペール内にある。オランダの伝説的なサッカー選手であるヨハン・クライフの名を取って命名された。

エスタディ・ヨハン・クライフ
068 Ciutat Esportiva Joan Gamper, Futbol Club Barcelona (Sant Joan Despí), estadi Johan Cruyff.jpg
エスタディ・ヨハン・クライフの位置(バルセロナ県内)
エスタディ・ヨハン・クライフ
施設情報
所在地 スペインの旗 スペインカタルーニャ州バルセロナ県サン・ジュアン・ダスピ
位置 北緯41度22分33秒 東経2度03分08秒 / 北緯41.37583度 東経2.05222度 / 41.37583; 2.05222座標: 北緯41度22分33秒 東経2度03分08秒 / 北緯41.37583度 東経2.05222度 / 41.37583; 2.05222
起工 2017年9月14日
開場 2019年8月27日
所有者 FCバルセロナ
運用者 FCバルセロナ
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 m × 68 m
建設費 1200万ユーロ
設計者 Battle i Roig Architectur
ウェブサイト Estadi Johan Cruyff
使用チーム、大会
FCバルセロナ・フェメニ
FCバルセロナB
FCバルセロナ・フベニールA
収容人員
6000人

UEFAスタジアムカテゴリー3に認定されており、6000人の観客を収容できる[1]。エスパイ・バルサ計画の一環として、エスタディ・ヨハン・クライフが建設された後にミニ・エスタディは解体された。

歴史編集

エスタディ・ヨハン・クライフは2017年9月14日に着工し、2019年夏に完成した。杮落としは8月27日で、FCバルセロナとアヤックス・アムステルダムのU-19チーム同士の親善試合が行われた[2]。試合は0-2でアヤックスが勝利した[3]。その前日の8月26日に、FCバルセロナはカンプ・ノウでクライフの銅像の除幕式を行い、敬意を表した[4]

脚注編集

  1. ^ The Johan Cruyff Stadium” (英語). www.fcbarcelona.com. 2019年6月27日閲覧。
  2. ^ “The Estadi Johan Cruyff opens on August 27”. Marca. (2019年7月15日). https://www.marca.com/en/football/barcelona/2019/07/15/5d2ced12ca474185388b461d.html 
  3. ^ Naci Univar nets the first goal at the Johan Cruyff stadium” (英語). Sport (2019年8月27日). 2021年7月22日閲覧。
  4. ^ FC Barcelona unveils statue Johan Cruijff”. TellerReport. 2018年8月26日閲覧。

関連項目編集