シウタ・エスポルティバ・ジョアン・ガンペール

シウタ・エスポルティバ・ジョアン・ガンペールカタルーニャ語: Ciutat Esportiva Joan Gamperスペイン語: Ciudad Deportiva Joan Gamper)は、スペインのサッカークラブFCバルセロナのトレーニング場、育成組織(ラ・マシア)の拠点。2006年6月1日にオープンし、クラブの創設者であるジョアン・ガンペールにちなんで命名された。

概要編集

 
メインエントランス

バルセロナ県サン・ジュアン・ダスピにあり、バルセロナ市中心部の西、バルセロナ=エル・プラット空港の北に位置する。敷地は163,650平方メートルで、2006年より育成チームのトレーニングと試合で、2009年1月よりトップチームのトレーニングで使用されている。また、バスケットボールハンドボールフットサルなど、FCバルセロナのサッカー以外のスポーツ部門の多くが、マルチスポーツパビリオンなどの施設を利用している。この施設が本格的に稼働したことで、それまでカンプ・ノウミニ・エスタディパラウ・ブラウグラナなどの施設を利用していたユースチームは、全てここでトレーニングを行うようになった。2019年には、ここにエスタディ・ヨハン・クライフが開場し、ミニ・エスタディに代わるFCバルセロナBFCバルセロナ・フェメニの試合会場となった。

 
新ラ・マシア寮

FCバルセロナのトップチームは2009年1月19日にこの施設に移った[1]。これにより、トップチームがカンプ・ノウに併設された小さなピッチ(通称ラ・マシアピッチ)でトレーニングしていた30年の歴史に終止符が打たれた。トップチームの施設はカンプノウと同じで、2009-2010シーズンが開幕したときには選手の回復のためのプールとサウナが完備されていた[2]

2011年には敷地内に新しい邸宅が開設され、それまでラ・マシアで寮生活を送っていたFCバルセロナのユース選手が住むようになった。ここには85人前後の居住スペースが備わっている[3]

シウタ・エスポルティバの土地は1989年にクラブが購入したもので、カンプ・ノウから僅か4.5kmの距離にある他、バルセロナとサン・ジュアン・ダスピを結ぶ道路に直結している。

シウタ・エスポルティバの建設費は最終的に6800万ユーロとなり、そのうち25.6%が市街地整備費、42.5%が建設費であった。クラブは2002年6月21日に2970万ユーロ、2003年2月20日に1590万ユーロで土地を売却し、運営費の一部に充てた。残りはクラブが直接投資したもので、その額は2250万ユーロであった。

施設編集

  • 天然芝のピッチ5面
ピッチ7:(105×68m)約1,750人収容
ピッチ1:(105×68m)約1,400人収容
特別観戦席
ピッチ2:(105×65m)約400人収容
ピッチ3:(105×65m)
ピッチ4:(105×65m)
  • 人工芝のピッチ4面(レギュラーサイズ3面、ミニサッカーピッチ1面)[4]
ピッチ8:(105×65m)約950人収容
ピッチ5:(105×65m)
ピッチ9:(105×65m)
ピッチ6:(55×38m)
  • マルチスポーツパビリオン(バスケットボール、ハンドボール、フットサル)472人収容
  • サービス棟(ケータリングエリアを含む)
  • 3つの屋内競技場
  • 2つのプレスエリア
  • 4つの救護所
  • ドレッシングルーム
  • ゴールキーパーや技術のトレーニングエリア
  • 育成組織の寮 - トップチームやナショナルチームのキャンプにも使用
  • プールとサウナ

脚注編集

  1. ^ First team moves into new Ciudad Deportiva training venue”. 2011年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月20日閲覧。
  2. ^ Training ground improvements”. 2009年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月5日閲覧。
  3. ^ The Masia of the 21st century”. 2011年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月20日閲覧。
  4. ^ 4 New Fieldturf pitches for Barcelona”. 2021年7月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集