エズラ・T・ベンソン

エズラ・タフト・ベンソン(Ezra Taft Benson(曾孫エズラ・タフト・ベンソンとの区別の為、Ezra T. Bensonとも)、1811年2月22日 - 1869年9月3日)は、末日聖徒イエス・キリスト教会モルモン宣教師

生涯編集

生い立ち編集

メンドンでジョン・ベンソンとクロエ・タフトの息子として生まれた。1817年にアクスブリッジに引っ越し、1832年1月1日にノースブリッジのPamelia・アンドラスとアクスブリッジで結婚した。アクスブリッジには1835年まで住んだ。なお、1830年と1831年にはノースブリッジの姉妹の農場に住んでいた。1833年にアクスブリッジで子供が1人死亡した。中心街でホテルを経営し、かなりの額をホーランドの紡績工場に投資した。後に西部に引っ越した。

末日聖徒運動への参加編集

ミズーリ州から追い出され、クインシーに引っ越して、1840年7月19日に妻と共に末日聖徒イエス・キリスト教会洗礼を受けた。1841年4月、ナヴーに引っ越した。 1844年4月27日、 Pameliaの姉妹アデリーヌ・ブルックス・アンドラスと結婚した。[1]

1846年7月16日に伝道者となり、十二使徒定員会で任命された。

宣教師編集

米本土やハワイ諸島モルモン宣教師を務めていた。

1840年代に最初の任務として、出生地のマサチューセッツ州メンドンに赴任した。この旅路で、イリノイ州チェンバーズバーグでも布教した。次にジョセフ・スミスの殺害の知らせを受け、ジョン・パックと共にニュージャージー州に赴任した。1844年12月から1845年5月までボストン地区長を務めた。[2]

複数の結婚編集

多くの初期の末日聖徒と同様に多妻結婚をしていた。後にアデリーヌ・ブルックス・アンドラス、デスデモナ・フルマー(ジョセフ・スミス・ジュニア未亡人)、イライザ・アン・ペリー、ルシンダ・ウェスト、エリザベス・ギャラハー、オリーブ・メアリー・ナイト、メアリー・ラーセンと結婚した。計8人の妻と35人の子供達がいた。ユタ準州で活動し、オグデンで死亡した。

曾孫エズラ・タフト・ベンソンも末日聖徒であり、政治家としても活躍した。

埋葬編集

ユタ州ローガンに埋葬された。

脚注編集

  1. ^ Dew, Sherri. Ezra Taft Benson: A Biography. (Salt Lake City: Deseret Book, 1987) p. 4
  2. ^ Dew. Benson'. p. 4-5

関連項目編集

外部リンク編集

末日聖徒イエス・キリスト教会の称号
先代
 オーソン・プラット
末日聖徒イエス・キリスト教会十二使徒定員会
1846年7月16日 - 1869年9月3日
次代
チャールズ・Cリッチ