オグデン (ユタ州)

オグデン: Ogden[ˈɒɡdɛn])は、アメリカ合衆国ユタ州北部、ウィーバー郡に位置する都市であり、同郡の郡庁所在地である。グレートソルト湖の東約10マイル (16 km)、ソルトレイクシティから北に約40マイル (64 km) に位置している。2010年国勢調査での人口は82,825 人だった[3]。その歴史の大半を通じて鉄道の主要中心であり[4]、現在も大量の鉄道貨物を扱っているので、製造業や商業にとって便利の良い立地となっている。市内にある多くの歴史的建造物、ワサッチ山脈ウィーバー州立大学英語版でも知られている。

オグデン
Ogden, Utah
—    —
オグデン市中心街
ユタ州におけるオグデン市の位置
アメリカ合衆国におけるユタ州の位置
座標: 北緯41度13分40秒 西経111度57分40秒 / 北緯41.22778度 西経111.96111度 / 41.22778; -111.96111
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ユタ州の旗 ユタ州
ウィーバー郡
設立 1844年
法人化 1851年2月6日
命名 ピーター・スキーン・オグデン
行政
 - 種別 市政委員会・市長
 - 市長 マイク・コールドウェル
面積
 -  26.6mi2 (69.0km2)
 - 陸地 26.6mi2 (69.0km2)
 - 水面 0.0mi2 (0.0km2)
標高 4,300ft (1,310m)
人口 (2010)
 -  82,825人
 都市部 2,238,697人
 都市圏 547,184人
等時帯 山岳部標準時 (UTC-7)
 - 夏時間 山岳部夏時間 (UTC-6)
市外局番 385, 801
姉妹都市
 - ホーフ ドイツ
FIPS code 49-55980[1]
GNIS feature ID 1444049[2]
ウェブサイト http://ogdencity.com/

オグデンはオグデン・クリアフィールド大都市圏の主要都市であり、この都市圏にはウィーバー郡の他、モーガン郡デービス郡も含まれている。2010年時点の都市圏人口は547,184 人だった[5]。2010年、雑誌フォーブスはオグデンを「家族を養う最良の場所」の第6位に挙げた[6]。1954年からドイツホーフ市と姉妹都市関係を築いている。

目次

歴史編集

オグデン市は元々の名前をフォートブエナベンチュラといい、現在ユタ州となっている地域では初のヨーロッパ人子孫による恒久的開拓地だった。1846年、現在のオグデン市中心街から約1マイル (1.6 km) 西に、罠猟師のマイルス・グッドイヤーが設立した。1847年11月、モルモン開拓者がフォートブエナベンチュラを1,950米ドルで買収した。この開拓地はジェイムズ・ブラウン大尉に因んでブラウンビルと呼ばれたが、後にハドソン湾会社の団長ピーター・スキーン・オグデンに因んでオグデンと改名された。オグデンは1世代前にウィーバー・バレーで罠猟をしていた。当初フォートブエナベンチュラがあった場所は、現在ウィーバー郡立公園になっている。

 
1874年のオグデン

1869年にユタ州(当時はユタ準州)プロモントリー・サミットでゴールデン・スパイクを打って、最初の大陸横断鉄道が締結されたが、オグデンはそこに最も近いそこそこの大きさの都市だった。南北方向と東西方向の旅客鉄道が交わる所として知られ、地元商工会議所は「オグデンに来なければどこへも行けない」というモットーを採用することになった[7]アメリカ合衆国東部から西のサンフランシスコに行く旅客はオグデンを通るのが通常だった(南の大都市ソルトレイクシティは通らなかった)。しかし、現在オグデンは全国的な旅客鉄道運行会社であるアムトラックが通らなくなり、オグデンから鉄道で旅する者は通勤鉄道の「フォートランナー」でソルトレイクシティとプロボに行かねばならない。

 
オグデン・ユタ・テンプル

1972年、末日聖徒イエス・キリスト教会が市内にオグデン・ユタ・テンプルを建設し、竣工式を行った。この寺院は地域に多く住むモルモン教徒のために建てられた。2010年、末日聖徒イエス・キリスト教会はこの寺院と隣接する礼拝堂に大規模改修を行うと発表した。2011年4月に始まった工事には、70年代の外観を完全に変更し、礼拝堂から尖塔を除去して寺院の尖塔を目立つようにし、新しく地下駐車場と庭園を設けることが含まれていた[8]

オグデンは以前、ユタ州で第2の都市だったので、数多い歴史的建造物がある。しかし1980年代までにソルトレイクシティの郊外都市幾つかやプロボ市が人口でオグデンを上回るようになった。

オグデン防衛補給廠が1941年から1997年まで市内で運営されていた。1,128エーカー (4.56 km2) あるその敷地の幾らかはビジネス・デポ・オグデンと呼ぶ商業地区と産業団地に転換されてきた。

アメリカ海軍ではこれまでに2隻の艦船がオグデンと名付けられてきた。1943年のUSSオグデン (哨戒フリゲート)と1964年のUSSオグデン (ドック型輸送揚陸艦)である。

地理編集

オグデン市はワサッチ山脈の麓、北緯41度13分11秒 西経111度58分16秒 / 北緯41.2196度 西経111.9712度 / 41.2196; -111.9712 (41.2196, −111.9712)に位置している[9]アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、市域全面積は26.6平方マイル (69.0 km2)であり、すべて陸地である。標高は約4,300フィート (1,300 m) から5,200フィート (1,600 m) まで変化している。

 
オグデン川の傍、ワシントン・ブールバードに架かるオグデンの看板、中心街に向かう方向

東部の山岳地に発するオグデン川とウィーバー川が市内を流れ、市境の西で合流する。オグデン川峡谷の市内から7マイル (11 km) 東にパインビュー・ダムがある。ダム背後の貯水池は110,000エーカー・フィート (140,000,000 m3) 以上の水を溜めており、地域のレクリエーションにも使われている。

市内に近い著名な山は東のオグデン山と、北のベンロモンド山がある。

気候編集

オグデンは夏に乾燥する湿潤大陸性気候ケッペンの気候区分Dsa)にある。夏は暑く乾燥し、気温は95°F (35 ℃) に達することが多く、100°F (38 ℃) になることも年間数日ある。夏の雨は不定期に発生する雷雨という形でもたらされる。通常7月半ばから9月半ばであり、モンスーンがよく吹く季節である。太平洋から来る嵐は通常10月頃から5月まで続き、春に降水量が最大になる。降雪は通常10月下旬あるいは11月初旬に始まり、4月まで発生することもある。冬は冷涼で雪が多く、1月の平均最高気温は37°F (3 ℃) である。降雪量は年平均22インチ (56 cm)、降水量は年平均23.67インチ (600 mm) である。過去最低気温は1949年1月26日に記録された-16°F (-27 ℃)、過去最高気温は2002年7月14日に記録された106°F (41 ℃)である[10]

オグデン(1981年-2010年平均)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °F (°C) 65
(18)
68
(20)
78
(26)
87
(31)
98
(37)
102
(39)
106
(41)
102
(39)
97
(36)
93
(34)
75
(24)
66
(19)
106
(41)
平均最高気温 °F (°C) 37.0
(2.8)
42.5
(5.8)
53.8
(12.1)
62.2
(16.8)
71.4
(21.9)
82.0
(27.8)
91.4
(33)
89.5
(31.9)
78.7
(25.9)
65.4
(18.6)
49.2
(9.6)
38.3
(3.5)
63.45
(17.47)
平均最低気温 °F (°C) 21.3
(−5.9)
24.3
(−4.3)
33.1
(0.6)
39.5
(4.2)
47.0
(8.3)
55.9
(13.3)
63.9
(17.7)
62.6
(17)
52.9
(11.6)
41.6
(5.3)
31.0
(−0.6)
22.9
(−5.1)
41.33
(5.18)
最低気温記録 °F (°C) −16
(−27)
−11
(−24)
3
(−16)
17
(−8)
21
(−6)
33
(1)
37
(3)
34
(1)
29
(−2)
11
(−12)
−12
(−24)
−12
(−24)
−16
(−27)
降水量 inch (mm) 2.20
(55.9)
1.92
(48.8)
2.11
(53.6)
2.18
(55.4)
2.58
(65.5)
1.54
(39.1)
0.83
(21.1)
0.92
(23.4)
1.67
(42.4)
2.22
(56.4)
1.96
(49.8)
1.86
(47.2)
21.98
(558.3)
降雪量 inch (cm) 7.8
(19.8)
5.9
(15)
1.3
(3.3)
0.7
(1.8)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0.1
(0.3)
2.8
(7.1)
3.6
(9.1)
22.1
(56.1)
平均降水日数 (≥ 0.01-inch) 9.3 7.8 8.3 8.0 8.5 5.1 3.8 4.0 6.0 6.4 7.7 7.8 82.7
平均降雪日数 (≥ 0.1-inch) 3.4 2.2 0.8 0.3 0 0 0 0 0 0.1 1.2 1.6 9.6
出典: NOAA[10]

人口動態編集

人口
1850500
18601,464192.8%
18703,127113.6%
18806,06994.1%
189014,889145.3%
190016,3139.6%
191025,58056.8%
192032,80428.2%
193040,27222.8%
194043,6888.5%
195057,11230.7%
196070,19722.9%
197069,478−1.0%
198064,407−7.3%
199063,909−0.8%
200077,22620.8%
201082,8257.3%
source:[11][12]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 77,226 人
  • 世帯数: 27,384 世帯
  • 家族数: 18,402 家族
  • 人口密度: 1,119.3人/km2(2,899.2 人/mi2
  • 住居数: 29,763 軒
  • 住居密度: 431.4軒/km2(1,117.4軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 28.8%
  • 18-24歳: 14.6%
  • 25-44歳: 29.0%
  • 45-64歳: 16.3%
  • 65歳以上: 11.3%
  • 年齢の中央値: 29歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 102.3
    • 18歳以上: 100.5

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 35.2%
  • 結婚・同居している夫婦: 48.4%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 13.1%
  • 非家族世帯: 32.8%
  • 単身世帯: 26.2%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 9.6%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.73人
    • 家族: 3.32人

収入編集

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 34,047米ドル
    • 家族: 38,950米ドル
    • 性別
      • 男性: 29,006米ドル
      • 女性: 22,132米ドル
  • 人口1人あたり収入: 16,632米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 16.5%
    • 対家族数: 12.6%
    • 18歳未満: 20.2%
    • 65歳以上: 9.3%

宗教編集

[13]

市政府と政治編集

 
オグデン市庁舎

オグデン市は市長・市政委員会方式の政府を採用している。常勤の市長が行政機能を受け持ち、7人の非常勤委員で構成される市政委員会が立法機能を担当している。これら選挙で選ばれる役人の任期は4年間であり、選挙は奇数年に行われ、任期は偶数年の1月に始まる。委員のうち4人は小選挙区から選ばれ、残り3人は市全体を選挙区に選出されている。

市政府の年間予算は1億米ドルを幾らか超える程度であり、常勤職員600人近くを雇用している[14]。通常の自治体が行う市民サービスに加えて、事業や経済の開発促進に活発に携わっている。再開発を担当する機関を運営しており[15]、市政委員会がその理事会、市長がその執行役員を務めている。1996年に設立されてから徐々に活動を拡大しており、税収は年約1,000万米ドル増加し、未払負債は5,000万米ドル以上となった。市内中央事業地区のほとんど全てが再開発地区の指定を受けており、また市内西部にあるビジネス・デポ・オグデンなどの工業地域も同様である。

近年の政治的話題の大半は、中心街における市政府が後援する開発プロジェクトに集中しており、議論が多い。これにはオグデン・エクルズ会議場、リンドクィスト・フィールド、ザ・ジャンクション、オグデン川プロジェクト[16]が含まれ、さらにまだ動き出していない提案もある[17][18]。中心街とウィーバー州立大学を結ぶ路面電車の計画はかなりの注目を集めたが、支持の声は限られている[19]。2005年から2007年に大きな議論を呼んだのは、市長達が市内丘陵部の公有地に贅沢な住宅開発を行い、山上にはスキー場を設けて1組のロープウェーで結ぼうとしたことであり、成功しなかった[20]。その他の関心事として、比較的高い税率[21]と公共料金率[22]、犯罪撲滅運動[23]、政府の汚職の問題[24][25]、さらに市教育学区が直面する問題などがある[26][27]

教育編集

 
ウィーバー州立大学主キャンパス
  • ウィーバー州立大学英語版
  • オグデン・ウィーバー応用工学カレッジ
  • オグデン市教育学区
  • スティーブンス・ヘネガー・カレッジ
  • オグデン高校
  • ダビンチ科学・芸術アカデミー
  • ベン・ロモンド高校

経済編集

 
市内にあるマーケットスター本社

ユタ州では2番目に大きな大都市圏の主要都市として、州北部の経済中心になっている。市の中心部大半は、連邦政府、州、郡、市の政府機関事務所が占めている。国税庁が市内に大型地域施設を持っており、5,000人以上を雇用して市内最大の雇用主になっている[28]。その他の大規模雇用主としては、マッケイ・ディ病院、ウィーバー州立大学英語版、オグデン市教育学区、フレゼニアス、オートリブ、コンバージーズがある[29]

市内西部には幾つかの工業地域がある。その最大のものはビジネス・デポ・オグデンであり、元は陸軍の補給敞があった所で、1,000エーカー (4.0 km2) 以上の工業団地に再建されている[30]

本社のある企業編集

  • FJ マネジメント Inc. – 石油会社
  • マーケットスター – 小売りとマーケティング会社[28]
  • オートリブ北アメリカ – 自動車用安全装置[31]
  • ユタ銀行 – 銀行業[31]

交通編集

 
通勤電車のフロントランナー、プロボからソルトレイクシティを経由してオグデンを結ぶ

州間高速道路15号線と同84号線が市内を通っている。84号線は南部郊外部を東西に走り、リバーデール近くで15号線に合流する。15号線は市の西端近くを南北に走り、ワサッチ・フロントの他部分とさらにその先を結んでいる。15号線の出口は市内に4か所ある。アメリカ国道89号線が南から市内に入り、市のメインストリートであるワシントン・ブールバードとして市中を抜ける。 その後は北のブリガムシティに向かう。ユタ州道39号線は12番通りとして市内を東西に抜け、東はオグデン峡谷を抜けてパインビュー貯水池やスキー場のあるリゾート町ハンツビルに至る。

ユタ交通局がオグデンとソルトレイクシティを直接結ぶバス4路線を運行しており、またウィーバー郡やデイビス郡の各地と市の西端にあるオグデン・インターモーダル・ハブあるいはウィーバー州立大学とを結ぶ路線もある。さらに北のブリガムシティとを結ぶ2路線もあり、ここがユタ交通局の北端になっている。州間高速道路15号線にそって、グレイハウンド・バスの停留所もある。通勤電車のフロントランナーがソルトレイクシティとオグデンの直ぐ北にあるプレザントビューまで結んでおり、オグデン・インターモーダル・ハブに駅がある。この路線は2008年4月26日に開通した。

アムトラックは、ソルトレイクシティからのバスで接続している。アムトラックの列車はオグデンを通らない。

州内でも利用客が多いオグデン・ヒンクリー空港が市の南西部にある。

見どころ編集

 
中心街の歴史ある25番通り
 
ピアリーのイージプシャン劇場
 
第1セキュリティビル、25番通り
  • ビゲロー=ベン・ロモンド・ホテル
  • ダビンチ科学・芸術アカデミー
  • ディー催事会館
  • エクルズ・アベニュー歴史地区
  • 歴史ある25番通り
  • ジ・アイス・シート、2002年冬季オリンピックカーリングの会場
  • ジェファーソン・アベニュー歴史地区
  • ザ・ジャンクション、小売りと住宅の複合施設
  • オグデン市役所
  • オグデン高校
  • オグデン自然センター
  • オグデン・ユタ・テンプル
  • オット・プラネタリウム
  • ピアリーのイージプシャン劇場
  • スノーベースン・スキー場、2002年冬季オリンピックでアルペンスキーの会場
  • セントジョセフ・カトリック学校
  • ユニオン駅
  • オグデン森林局ビル
  • ウィーバー州立大学
  • ツリーハウス子供博物館

スポーツとレクリエーション編集

オグデンの近くにある山や川は屋外レクリエーションの様々な機会を提供している。

市の東部には広範囲のトレイル体系が備わり、市民や観光客は直接ワサッチ山脈の丘陵部に行くことができる。トレイルはハイキング、ランニング、マウンテンバイクや時にはスノーシューやクロスカントリースキーに使われている。東は険しい山道が山に向かっており、他にも多くの登山道が市から数マイル以内で始まっている。オグデン川やウィーバー川の土手には都会型の舗装トレイルが通っている[32]

丘陵部の上にある珪岩の崖はロッククライミングのルートになっている。丘陵部にある広大な巨岩の原は州内でも人気のあるボルダリングの場所となっている。

 
リンドクィスト・フィールド、猛禽類が生息する

オグデンの東にある山岳部には、スノーベースン、パウダー山、ウルフ山という3つの滑降スキー場がある。クロスカントリー・スキーに人気があるのはスノーベースンとウィーバー郡のノースフォーク公園である。

カヤックもオグデン川やウィーバー川の一部で人気のあるスポーツである。市の西部、ウィーバー川には開発されたカヤック公園がある。オグデンに近い貯水池は様々なウォータースポーツに使われている。

プロスポーツではマイナーリーグ野球のパイオニアリーグに属するオグデン・ラプターズ、マイナーリーグ・サッカーのUSLプレミアデベロップメントリーグに属するオグデン・アウトローズ、アメリカ・インドア・フットボール協会に属するオグデン・ナイツが本拠地にしている。

オグデン・スタジアムでは毎年、モータースポーツの「ホットロッキング・フォース」が開催されている。

市内には数か所のゴルフ場もある[33]

ウィーバー州立大学英語版には幾つか大学間運動チームがあり、地元住民が観戦している。バスケットボールのチームが特に知られている。

サンダンス映画祭ではオグデンが1つの会場になっている。現在フォーサイト映画祭と呼ばれる地方映画祭も2004年から毎年開催されている。その他、中心街のファーマーズマーケット、オグデン芸術祭、ハーベスト・ムーン祭、オグデン冬祭、オグデン・マラソンも開催されている[34]

市内には2つのシッピングセンターがある。ニューゲイト・モールは1981年に建設された。オグデン・シティモールが1年早かったがその後解体され、ザ・ジャンクションとして再開発された。

2009年、オグデンは雑誌ニューズマックスによる「アメリカの最も特徴ある都市と町25」のリストに挙げられた。これは現在CBSニュースの旅行編集者ピーター・グリーンバーグが書いたものである。そのランキングを決める時に、人気のある観光地の中でもスノーベースンとパウダー山を挙げていた[35]

著名な出身者編集

オグデンの映像、標高5,111フィート (1,558 m) のボンネビル・ショアライン・トレイルから撮影、南から西、さらに北を望む

大衆文化の中で編集

以下はオグデンで撮影された映画とテレビ番組である。

脚注編集

  1. ^ American FactFinder, United States Census Bureau, http://factfinder.census.gov 2008年1月31日閲覧。 
  2. ^ US Board on Geographic Names, United States Geological Survey, (2007-10-25), http://geonames.usgs.gov 2008年1月31日閲覧。 
  3. ^ Ogden QuickFacts US Census
  4. ^ Maia Armaleo "Grand Junction: Where Two Lines Raced to Drive the Last Spike in Transcontinental Track," American Heritage, June/July 2006.
  5. ^ Table 1. Annual Estimates of the Population of Metropolitan and Micropolitan Statistical Areas: April 1, 2000 to July 1, 2009 (CBSA-EST2009-01) (CSV)”. 2009 Population Estimates. United States Census Bureau, Population Division (2009年3月19日). 2010年10月26日閲覧。
  6. ^ Levy, Francesca (2010年6月7日). “America's Best Places to Raise a Family”. Forbes. http://www.forbes.com/2010/06/04/best-places-family-lifestyle-real-estate-cities-kids.html 
  7. ^ History of Ogden”. Ogden City. City of Ogden, Utah. 2013年2月12日閲覧。
  8. ^ Ogden Temple Renovation to Include Significant Architetural Facelift”. includes photographs (2010年2月18日). 2011年2月7日閲覧。
  9. ^ US Gazetteer files: 2010, 2000, and 1990, United States Census Bureau, (2011-02-12), http://www.census.gov/geo/www/gazetteer/gazette.html 2011年4月23日閲覧。 
  10. ^ a b NowData – NOAA Online Weather Data”. NOAA. 2012年2月14日閲覧。
  11. ^ Moffatt, Riley. Population History of Western U.S. Cities & Towns, 1850–1990. Lanham, Maryland: Scarecrow, 1996, 308.
  12. ^ Subcounty population estimates: Utah 2000–2007 (CSV)”. United States Census Bureau, Population Division (2009年3月18日). 2009年5月9日閲覧。
  13. ^ Ogden, Utah (UT) profile: population, maps, real estate, averages, homes, statistics, relocation, travel, jobs, hospitals, schools, crime, moving, houses, news. City-data.com. Retrieved on 2013-07-21.
  14. ^ Ogden Comprehensive Annual Financial Report, 2010”. 2011年10月18日閲覧。
  15. ^ Ogden City Redevelopment Agency Annual Report, 2010. Ogden City. 
  16. ^ McKitrick, Cathy (2011年7月13日). “Ogden gives green light to river development”. Salt Lake Tribune. http://www.sltrib.com/sltrib/news/52179170-78/river-ogden-project-christopoulos.html.csp 2011年10月18日閲覧。 
  17. ^ Schwebke, Scott (2010年5月13日). “Ogden's ice tower dreams melted?”. Ogden Standard-Examiner. http://www.standard.net/topics/ogden-city/2010/05/12/ogdens-ice-tower-dreams-melted 2011年10月18日閲覧。 
  18. ^ Schwebke, Scott (2011年2月20日). “Godfrey optimistic despite RAMP board's refusal to support field house funds”. Ogden Standard-Examiner. http://www.standard.net/topics/city-government/2011/02/19/godfrey-optimistic-despite-ramp-boards-refusal-support-field-house 2011年10月18日閲覧。 
  19. ^ Schwebke, Scott (2011年8月24日). “Godfrey wants to halt streetcar proposal”. Ogden Standard-Examiner. http://www.standard.net/stories/2011/08/23/godfrey-wants-halt-streetcar-proposal 2011年10月18日閲覧。 
  20. ^ Schwebke, Scott (2007年7月8日). “Mayor: Course won't be sold for gondola, subdivision”. Ogden Standard-Examiner. http://activepaper.olivesoftware.com/Repository/ml.asp?Ref=U1NFLzIwMDcvMDcvMDgjQXIwMDEwMg==&Mode=HTML&Locale=english-skin-custom 2011年10月18日閲覧。 
  21. ^ Davidson, Lee (2010年11月8日). “Where Utah taxes are highest, lowest”. Salt Lake Tribune. http://www.sltrib.com/sltrib/politics/50610284-90/taxes-tax-county-district.html.csp 2011年10月18日閲覧。 
  22. ^ Ogden City utility rate schedule”. 2011年10月18日閲覧。
  23. ^ “Will crime center fight crime?”. Ogden Standard-Examiner. (2011年8月2日). http://www.standard.net/stories/2011/08/01/our-view-will-crime-center-fight-crime 2011年10月18日閲覧。 
  24. ^ McKitrick, Cathy (2010年11月13日). “Lawmaker, activist decry slow progress of Envision Ogden probe”. Salt Lake Tribune. http://www.sltrib.com/sltrib/news/50649368-78/ogden-envision-hansen-investigation.html.csp 2011年10月18日閲覧。 
  25. ^ McKitrick, Cathy (2011年5月26日). “Coalition launches to promote ethics in Ogden government”. Salt Lake Tribune. http://www.sltrib.com/sltrib/news/51891138-78/ogden-government-ethics-project.html.csp 2011年10月18日閲覧。 
  26. ^ Van Valkenburg, Nancy (2011年9月1日). “Mixed bag of results in state board's school progress reports”. Ogden Standard-Examiner. http://www.standard.net/stories/2011/08/31/mixed-bag-results-state-boards-school-progress-reports 2011年10月18日閲覧。 
  27. ^ Van Valkenburg, Nancy (2011年9月12日). “Ogden School District seeks quieter fall”. Ogden Standard-Examiner. http://www.standard.net/stories/2011/09/11/ogden-school-district-seeks-quieter-fall 2011年10月18日閲覧。 
  28. ^ a b Graham Lovelady. “Ogden Utah Industries”. Ogden-ut.com. 2011年10月14日閲覧。
  29. ^ Demographics of”. Ogden City. 2011年10月14日閲覧。
  30. ^ Business Depot Ogden (BDO) Directional Map”. Ogden City. 2011年10月14日閲覧。
  31. ^ a b Utah’s Largest Employers”. Jobbankusa.com. 2011年10月14日閲覧。
  32. ^ Weber Pathways web site”. 2011年10月18日閲覧。
  33. ^ Small, Laird (2007年4月3日). “golflink.com”. golflink.com. 2011年10月14日閲覧。
  34. ^ GOAL Foundation web site”. 2011年10月18日閲覧。
  35. ^ Greenberg, Peter. “[hhttp://www.newsmax.com/Slideshows/Newsmax-Magazine-Rates-the-Top-25-Most-Uniquely-Am/97791/5--Ogden,-Utah/6 Newsmax Magazine Rates the Top 25 Most Uniquely American Cities And Towns]”. 2014年1月15日閲覧。

外部リンク編集