エッケハルト1世 (シェイエルン伯)

エッケハルト1世ドイツ語: Ekkehard I.、? - 1087年/1088年/1091年5月11日以前)はオットー1世の息子でシェイエルン伯。

エッケハルト1世
Ekkehard I.
シェイエルン伯

称号 シェイエルン伯
Graf von Scheyern
死去 1087年/1088年/1091年5月11日以前
配偶者 リヒガルディス・フォン・ヴァイマール=オーラミュンデ
子女 ウダルリヒ1世
オットー4世
エッケハルト2世
父親 オットー1世
テンプレートを表示

生涯編集

1074年以降フライジングフォークト(代官)で1080年または1082年以降ヴァイエンシュテファン英語版のフォークトも務めた[1]

家族編集

クライン辺境伯およびヴァイマール=オーラミュンデ伯ウルリヒ1世の娘リヒガルディスと結婚して3人の息子をもうけた[1]

リヒガルディスは、エッケハルト1世の死後、義弟のシェイエルン伯オットー2世と結婚した。

脚注編集

  1. ^ a b Family tree of the Counts of Scheyern-Wittelsbach-Dachau-Valley, from a lecture by Prof. Schmid: Bayern im Spätmittelalter, winter 1996/97.