オットー1世 (シェイエルン伯)

オットー1世ドイツ語: Otto I.1020年ごろ? - 1072年12月4日)は、シェイエルン伯。ヴィッテルスバッハ家の先祖のうち、確認できる者のなかで最古の者であり、家祖とされる。

オットー1世
Otto I.
シェイエルン伯

称号 シェイエルン伯
Graf von Scheyern
死去 1072年12月4日
配偶者 メギンハルト・フォン・ライヒェルスボイエルンの娘
  ハツィガ・フォン・ディーセン英語版
子女 エッケハルト1世
ベルンハルト1世
オットー2世
アルノルト1世
父親 ペグニッツ伯ハインリヒ1世
母親 アルトドルフ伯クーノ1世の娘
テンプレートを表示

生涯編集

オットー1世の父親はペグニッツ伯ハインリヒ1世[1]で、母親はアルトドルフ伯クーノ1世の娘である[2]バイエルン地方のフライジングフォークト(代官)に任命された[3]。1073年の文献において"Comes de Skyrun"(ラテン語で「シェイエルン伯」の意)と呼ばれた。1072年12月4日、エルサレムへの巡礼の道中に亡くなった[3]

家族編集

オットー1世は2度結婚し、1度目の妻はメギンハルト・フォン・ライヒェルスボイエルンの娘だったが、名前は知られていない[4]。1057年ごろ、彼はディーセンフリードリヒ2世英語版の娘ハツィガ英語版と結婚した。オットー1世の息子がそれぞれオットー1世とどの妻との間の息子であるかは諸説あるが、4人の息子は相次いでシェイエルン伯位を継いだ[4]

脚注編集

  1. ^ ハインリヒ・フォン・シュヴァインフルトの子ともいわれる(Hubensteiner, p.498)。
  2. ^ Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten, Neue Folge, Band I (Marburg, Germany: Verlag von J. A. Stargardt, 1980), Tafeln 9, 23
  3. ^ a b Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten, Neue Folge, Band I (Marburg, Germany: Verlag von J. A. Stargardt, 1980), Tafel 23
  4. ^ a b Family tree of the Counts of Scheyern-Wittelsbach-Dachau-Valley, from a lecture by Prof. Schmid: Bayern im Spätmittelalter, winter 1996/97.

参考文献編集

外部リンク編集