メインメニューを開く

エッソ・アトランティック (Esso Atlantic) は、かつてエッソ・タンカーズ社が所有した原油タンカー

エッソ・アトランティック
基本情報
建造所 日立造船有明工場
経歴
起工 1976年3月11日
進水 1977年2月9日
竣工 1977年8月11日
その後 2002年解体
要目
総トン数 234,627トン
載貨重量 516,895トン
全長 406.6 m
垂線間長 390.0 m
型幅 71.0 m
型深さ 31.2 m
喫水 25.294 m
主機関 蒸気タービン 1基
出力 45,000馬力
最大速力 16.051ノット
航海速力 15.15ノット
乗組員 50名
テンプレートを表示

概要編集

エッソ・アトランティック級2隻の1番船として、1977年8月11日日立造船有明工場で竣工。日本国内で建造された船舶では「シーワイズ・ジャイアント(現ノック・ネヴィス)」に次いで2番目の大きさを誇った。竣工後、ペルシャ湾~北ヨーロッパ間の原油輸送に従事したが、その後1990年に「Kapetan Giannis」と改名。2002年に解体された。

同型船編集

  • 2番船 「エッソ・パシフィック(Esso Pacific)」
1977年11月29日竣工 516,424重量トン

参考文献編集

  • 船舶技術協会『船の科学』1977年10月号 第30巻第10号
  • 船舶技術協会『船の科学』1978年3月号 第31巻第3号

外部リンク編集