メインメニューを開く

エドムンド・ボーフォート (第4代サマセット公)

第4代サマセット公エドムンド・ボーフォート(Edmund Beaufort, 4th Duke of Somerset, 1438年? - 1471年5月4日)は、15世紀イングランドの貴族であり軍人である。薔薇戦争期にはランカスター派の軍司令官であった。第2代サマセット公エドムンド・ボーフォートウォリック伯リチャード・ド・ビーチャムの娘エレノアの息子であり、1464年に兄ヘンリーの死で公爵になった。

エドムンド・ボーフォート
Edmund Beaufort
第4代サマセット公
Beheading duke somerset.jpg
斬首されるエドムンド・ボーフォート
出生 1438年?
死去 1471年5月4日
イングランド王国の旗 イングランド王国グロスターシャーテュークスベリー
埋葬  
イングランド王国の旗 イングランド王国グロスターシャー、テュークスベリー修道院
父親 第2代サマセット公エドムンド
母親 エレノア・ビーチャム
テンプレートを表示
紋章

生涯編集

1471年、テュークスベリーの戦いでランカスター派の軍隊を指揮して捕えられ、戦闘の後に処刑された。エドムンドの死によってボーフォート家の男子は途絶え、その後間もなくヘンリー6世が死去したことによって、従妹マーガレット・ボーフォートとその息子で従甥のヘンリー(後のヘンリー7世)だけがランカスター派の最後の指導者として残った。

エドムンドはグロスターシャーのテュークスベリー修道院に、弟ジョンと一緒に埋葬された。

イングランドの爵位
先代:
ヘンリー・ボーフォート
サマセット公
1464年 - 1471年
次代:
消滅