エドモンド・ロカール

エドモン・ロカール博士(Edmond Locard、1877年 - 1966年)は犯罪学者で法科学を先駆けた人であり、フランスシャーロック・ホームズとして知られている。「すべての接触には痕跡が残る」という法科学の基本的な原則を定義した。これはロカールの交換原理として知られている。

エドモン・ロカール

ロカールはリヨン大学で医学と法学を学び、最終的にアレクサンドル・ラカサーニュのアシスタントになり、犯罪学の教授になった。1910年までその職にあり、その間自身の犯罪研究所を設立した。歴史的な7冊の著作(Traité de Criminalistique I~VII)を発行し、1918年に指紋認証における12の要点を開発した。1966年に死去するまで自身の研究を続けた。

ロカールはリヨン警察の説得して2つの小部屋と2人のアシスタントを用意させることに成功し、初の警察研究所として活動を開始した。

後に探偵小説作家として有名となるジョルジュ・シムノンは若い頃に、いくつかのロカールの授業を1919年~1920年にかけて受けている。

引用編集

彼がどこを踏んでも、どこを触っても、立ち去っても、無意識であったとしても、それらは彼を陥れる沈黙の目撃者としての役目を果たす。指紋や足跡でなく、彼の髪、洋服の繊維、彼の壊したコップ、彼の残した工具の痕、引っ掻き傷、彼が沈着させたり受け取った血や精液などである。これらは、彼を陥れる沈黙の目撃者となる。これらの証拠は決して健忘しない。現在の感情により混乱をきたすことはない。人間の証人のように居なくなることもない。真実の証拠である。物理的な証拠は誤解せず、偽証もせず、完全に消し去ることもできない。唯一人為的ミスによる発見によりその価値が下がるのみである。 — エドモン・ロカール