メインメニューを開く

エドワード・モーリー

エドワード・モーリー

エドワード・ウィリアムズ・モーリー(Edward Williams Morley、1838年1月29日 - 1923年2月24日)は、アメリカ物理学者マイケルソンマイケルソン・モーリーの実験を行った。

1838年にニュージャージー州ニューアークに生れた。1860年ウィリアム・カレッジを卒業した。1869年から1906年の間ウェスタン・リザーブ・カレッジ(現在のケース・ウェスタン・リザーブ大学)で化学の教授になった。

1887年にマイケルソン・モーレーの実験を行った。マイケルソンとモーリーはエーテルのドリフトを検出できず、光速度不変の原理を導くことになった。モーリーはさらにデイトン・ミラー(en)と1902年から1906年までさらにエーテル・ドリフトの実験(モーリー=ミラーの実験)を行った。(ミラーはさらに実験をつづけて予想値の1/3程度のドリフトを見つけたとしたが測定誤差と評価された。)

モーリーはその他大気の酸素成分の研究、熱拡散、磁場中の光速の研究をおこなった。

1907年王立協会よりデービーメダルを、1917年アメリカ化学会よりウィラード・ギブズ賞を受賞。

1923年、死去。