エドヴァルド・エリクセン

エドヴァルド・エリクセン(Edvard Christian Johannes Eriksen、1876年3月10日 - 1959年1月12日)は、デンマークの彫刻家。人魚姫の像の作者として知られる。

エドヴァルド・エリクセン
EE
Eriksen Edvard.jpg
生誕 Edvard Christian Johannes Eriksen
1876年3月10日
コペンハーゲン
死没 1959年1月12日
コペンハーゲン
墓地 Vestre Cemetery
国籍 デンマーク
教育 コペンハーゲン
出身校 デンマーク王立美術院
著名な実績 彫刻(大理石・ブロンズ)
代表作 Grief, Memory and Love(ロスキレ大聖堂)、Den lille havfrue(コペンハーゲン港)
配偶者 エリーネ・エリクセン

経歴編集

  1895年から1899年、デンマーク王立美術院に学ぶ。

1902年、シャルロッテンボルグ城に作品「The Sufferer」が展示される。彼にとって本格的なキャリアの開始であるが、シャルロッテンボルグ城には以後何回も作品が展示されている[1]。1904年、州立美術館が作品「Hope」を購入。1905年、作品「Doom」で賞を受ける[2]

1913年8月23日、人魚姫の像、現在の場所に恒久的に設置される

1916年、カッラーラ美術アカデミアの名誉教授に推挙される[1]

1910 - 1918年、クリスチャン9世と王妃ルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセルの大理石の石棺のために3体の女性像(Grief, Memory and Love)を制作。ロスキレ大聖堂に奉納[3]

1914年、ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館の外壁を飾る砂岩のレリーフを制作、設置[4]

1930年、トーヴァルセン美術館文化財修復士[5]に就任[6](1953年まで[1])。

1932年、ダンネブロ勲章を授与される[7]

エリーネ・エリクセン編集

エリーネ・エリクセン
Eline Eriksen
 
エリーネ・エリクセン
プロフィール
生年月日 1881年2月6日
没年月日 1963年9月24日
没年齢 82歳(数え83)
死没地 コペンハーゲン
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 cm / kg
活動
ジャンル 美術
モデル内容 ヌード
備考 人魚姫の像のモデル
モデル: テンプレート - カテゴリ

エリーネ・エリクセン(1881年2月6日 - 1963年9月24日、出生名:Eline Vilhelmine Møller)は、エドヴァルド・エリクセンの妻。人魚姫の像のモデルとして知られる。

1900年、エドヴァルドと結婚。人魚姫の像以前にもThe First GriefThe Suffererなどの夫の作品のモデルをつとめる。

1963年9月24日、死去。夫と共にVestre Cemeteryに埋葬される[2]

出典編集

  1. ^ a b c Edvard Eriksen”. DPH Trading. 2019年11月13日閲覧。
  2. ^ a b Edvard Eriksen 1876-1959”. Edvard Eriksens Arvinger I/S. 2019年11月13日閲覧。
  3. ^ Anne-Louise Sommer (2009) (デンマーク語). Den danske arkitektur. Gyldendal A/S. p. 91 
  4. ^ (デンマーク語) Historiske meddelelser om København: Årbog 2000. Københavns Kommunalbestyrelse. (2000). p. 218 
  5. ^ 大竹秀実、二神葉子「欧米における文化財の修復士―イタリアにおける「文化財修復士」資格を中心に―」『保存科学』第43号、2004年3月31日、 133-145頁。
  6. ^ Hans Christian Andersen (1968) (英語). The Little Mermaid. Høst. p. 16 
  7. ^ (デンマーク語) Dansk nytaar. Lutheran Publishing House. (1958). p. 144 

関連項目編集