エミール・アヨー

エミール・アヨー(Emile Aillaud、1902年1月18日 - 1988年)はフランスの建築家

経歴編集

1902年、バルセロネットに生まれる。ボザールで建築を学ぶ。後にはアトリエ・パトロンも勤める。

1937年に第1作である「美の宮殿」をパリ万国博覧会で発表。

戦後は、集合住宅の分野で活躍。独自の方法論で注目される。作風として個性的で意外性のあるものが多く、集合住宅においてもヒューマンスケールを心がけ、単調さを避ける傾向がある。不定形や正弦曲線、うねる道すじや湾曲状の配置構成などを多用するほか、スーパーグラフィックなども積極的に採用する。

作品編集

  • アプル・ボアール地区集合住宅 ボビニー 1958年
  • クールティエール地区集合住宅 バンタン 1961年
  • ウェイズベルグ地区集合住宅 フォルバック 1966年
  • ナンテール集合住宅 ナンテール

参考文献編集

  • The Beaux-arts and Nineteen Century French Architecture, London, 1982