エリス・バーミンガム (ブランドン女伯爵)

ブランドン女伯爵エリス・バーミンガム英語: Ellis Bermingham, Countess of Brandon、旧姓アガーAgar)、1708年頃 – 1789年3月11日)は、一代貴族

生涯編集

ジェームズ・アガー(James Agar、1672年 – 1733年、アイルランド庶民院議員)とメアリー・ウィームズ(Mary Wemyss、サー・ヘンリー・ウィームズの娘)の娘として、1708年頃に生まれた。

1726年3月、第7代メイヨー子爵セオバルド・ボーク(1741年1月7日没)と結婚した[1]

1745年8月17日、第14代アセンリー男爵フランシス・バーミンガム(1749年3月4日没)と再婚した[1][2]

1758年9月15日、アイルランド貴族一代貴族であるキルケニー県におけるブランドン女伯爵に叙された[1]

1789年3月11日、ダブリンで死去した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 455–456.
  2. ^ "Brandon, Earl of (I, 1758 - 1789)". Cracroft's Peerage (英語). 3 October 2007. 2019年11月3日閲覧