フランシス・バーミンガム (第14代アセンリー男爵)

第14代アセンリー男爵フランシス・バーミンガム英語: Francis Bermingham, 14th Baron Athenry1692年1750年3月4日)は、アイルランド貴族

生涯編集

第13代アセンリー男爵エドワード・バーミンガム英語版と2人目の妻ブリジット・ブラウン(Bridget Browne、1702年1月13日没、ジョン・ブラウン大佐の娘)の息子として、1692年に生まれた[1]

1709年5月3日に父が死去すると、アセンリー男爵位を継承、同年6月19日にアイルランド国教会を遵奉したため1713年11月25日にアイルランド貴族院議員に就任することができた[1]

1716年9月22日、メアリー・ニュージェント(Mary Nugent、1694年 – 1725年7月、第4代ウェストミーズ伯爵トマス・ニュージェントの娘)と結婚した[1]

  • トマス(1717年 – 1799年) - 第15代アセンリー男爵、初代ラウス伯爵
  • 男子(1721年頃 – 1736年以降)
  • 男子(1725年頃 – 1736年以降)

1745年8月17日、エリス・アガー(1708年頃 – 1789年、ジェームズ・アガーの娘)と再婚した[1]。エリスは1758年にアイルランド貴族であるブランドン女伯爵に叙された[1]

1750年3月4日にダブリンで死去、息子トマスが爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1910). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Ab-Adam to Basing) (英語). 1 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 296.
アイルランドの爵位
先代:
エドワード・バーミンガム英語版
アセンリー男爵
1709年 – 1750年
次代:
トマス・バーミンガム