エリック・ゾンカ

エリック・ゾンカÉrick Zonca, 1956年9月10日 - ) は、フランス映画監督脚本家

エリック・ゾンカ
Érick Zonca
生年月日 (1956-09-10) 1956年9月10日(64歳)
出生地 フランスの旗 フランス オルレアン
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1993年 -
主な作品
『天使が見た夢』
テンプレートを表示

来歴編集

1956年9月10日オルレアンで生まれた。16歳の時にパリリー・ストラスバーグメソッド演技法を学んだ[1]。その後、20歳でニューヨークに移住し、3年間過ごした[1]

1993年短編Rives』を製作し、映画監督としてデビュー。1998年には初の長編『天使が見た夢』を発表。同作は第51回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され[1]ヨーロッパ映画賞ではディスカバリー賞を受賞した。翌1999年の『さよならS』も高く評価された。

2008年ティルダ・スウィントンを主演に迎えたスリラーJulia』を発表。9年ぶりに映画監督として復帰した。

作品編集

  • Rives (1993年) 短編
  • Éternelles (1994年) 短編
  • Seule (1997年) 短編
  • 天使が見た夢 La Vie rêvée des anges (1998年)
  • さよならS Le petit voleur (1999年)
  • 愛撫 Le secret (2000年) 脚本のみ
  • Julia (2008年)
  • Soldat blanc (2014年) テレビ映画

脚注編集

  1. ^ a b c ZONCA Erick - Festival de Cannes”. Cannes. 2014年11月13日閲覧。

外部リンク編集