エルメジンデ・フォン・ルクセンブルク

エルメジンデ・フォン・ルクセンブルク(ドイツ語:Ermesinde von Luxemburg, 1080年ごろ - 1143年6月24日)は、ルクセンブルク伯コンラート1世とクレマンス・ダキテーヌの長女。

エルメジンデ・フォン・ルクセンブルク
Ermesinde von Luxemburg

出生 1080年ごろ
死去 1143年6月24日
配偶者 ダグスブルク伯アルベルト1世・フォン・エギスハイム
  ナミュール伯ジョフロワ1世
子女 フーゴ9世
メヒティルト
アルベルト
ハインリヒ4世
クレメンティア
ベアトリクス
アーデルハイト
家名 アルデンヌ=ルクセンブルク家
父親 ルクセンブルク伯コンラート1世
母親 クレマンス・ダキテーヌ
テンプレートを表示

生涯編集

エルメジンデは最初にエティション家のダグスブルク伯アルベルト1世・フォン・エギスハイム(1098年8月24日没)と結婚した。この結婚で2子が生まれた。

  • (ハインリヒ=)フーゴ9世 - ダグスブルク伯
  • メヒティルト(1157年以降没) - メッツ伯・ホンブルク伯フォルマル5世と結婚

2度目に1109年ごろにナミュール伯ジョフロワ1世(1068年 - 1139年8月19日没)と結婚し、以下の子女をもうけた。

1136年に甥のルクセンブルク伯コンラート2世が死去したことにより、同家の所領、とりわけルクセンブルク伯領の相続問題が深刻となった。コンラート1世の子孫として2系統があった。グランプレ伯アンリ2世と結婚したコンラート2世の妹ルイトガルト(1120年 - 1170年)の系統と、2度目にナミュール伯ジョフロワと結婚していたエルメジンデの系統である。

ローマ王コンラート3世はルクセンブルク伯領をエルメジンデの長男ハインリヒ4世に与え、それによりルイトガルトの主張を退け(フランスのグランプレ伯にルクセンブルク領が渡るのを防いだことを意味する)、それとともにエルメジンデの初婚で生まれた息子フーゴ9世の主張をも退けた。

参考文献編集

  • Detlev Schwennicke (Hrsg.): Europäische Stammtafeln, Bd. I.2. Klostermann, Frankfurt/M. 1999, Tafel 203, ISBN 3-465-03020-6.