エレンウェElenwë二本の木の時代? - ?[1])は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『シルマリルの物語』の登場人物。ノルドールの叛乱の際、夫のトゥアゴンとともにヘルカラクセを渡ったが、その途中で落命した。娘にイドリルがいる。

異説編集

トゥアゴンの妻の名を、アライレAlairë)、あるいはアナイレとしている文章では、かの女はヴァンヤールであり、ノルドールの叛乱の際に中つ国へと渡ることを拒んだ。二人の間に子は無かったとされる。

フィンゴルフィンの系図編集

 
フィンウェ
 
インディス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンゴルフィン
 
アナイレ
 
フィナルフィン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンゴン
 
トゥアゴン
 
エレンウェ
 
アレゼル
 
エオル
 
アルゴン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イドリル
 
 
 
 
 
マイグリン

編集

  1. ^ アルダの年表によれば、ノルドールの叛乱者のヘルカラクセへの到着がヴァラ年の4997年で、中つ国への到着が5000年。この間に落命した。