インディス(Indis第一紀? - )は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『シルマリルの物語』の登場人物。 ヴァンヤールの女性。ノルドールの上級王フィンウェの二番目の妻。

ヴァンヤールの近親に、全エルフの上級王イングウェ。 夫はフィンウェ。息子にフィンゴルフィンフィナルフィン。娘にフィンディスイリメ。 ヴァンヤールであるインディスは金髪の持ち主であり、かの女によってノルドールの王家にヴァンヤールの思慮深さと金髪がもたらされた。

中つ国の歴史』によれば、かの女自身、もしくはかの女の母はヴァンヤールの王イングウェの姉妹である。つまりインディスはイングウェの妹、もしくは姪ということになる。

ノルドールの悲劇のはじまり編集

フィンウェの最初の妻ミーリエルは、息子フェアノールを産むと心身ともに疲れ、ローリエンの庭に横たわり、この世を去った。フィンウェは二人目の妻インディスを娶り、二人の息子フィンゴルフィンとフィナルフィン、二人の娘フィンディスとイリメのが生じた。フェアノールはこのことを好まず、インディスとその子供たちを嫌った。フェアノールとフィンゴルフィンは、メルコールの虚言もあって対立した。この対立からフェアノールの自分の一党以外のエルダールへの愛を減じ、ヴァラールへの不信は深まっていった。メルコールによってフィンウェが殺されシルマリルが盗まれると、フェアノールとフェアノールの息子たちは、「フェアノールの誓言」と呼ばれるおそろしい誓いをたて、同族殺しを繰り返すことになる。もしミーリエルが世を去らなければ、フィンウェがインディスを娶らなければ、そしてまたフィンゴルフィンが生まれなければ、フェアノールがここまで駆り立てられることはなかったのかもしれない。

インディスはフィンウェの死後、娘のフィンディスとともにヴァンヤールのもとへ帰っていった。

フィンウェの家族編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミーリエル
 
フィンウェ
 
インディス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネアダネル
 
 
 
フェアノール
 
フィンディスフィンゴルフィン
 
アナイレイリメフィナルフィン
 
エアルウェン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マイズロスマグロールケレゴルムカランシアクルフィンアムロドアムラスフィンゴントゥアゴンアレゼルアルゴンフィンロドアングロドアイグノールガラドリエル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケレブリンボール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オロドレス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギル=ガラド